会社は好きですか? - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社は好きですか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

広報担当の皆さん、自身の会社は好きですか?



一般的に”会社の愚痴”などはどこにでもあること。当然のことながらサラリーマンでもある広報担当者の方々も社内外で愚痴をこぼすこともあるでしょう。


しかし社外の方や記者に愚痴をこぼす方がおられる様ですがこれは問題と言えます。


記者に対して包み隠さず話をしているという点は評価されるかも知れません。ですが、記者は広報担当者から情報のみならず、会社の空気や状態までも感じとろうとしています。もし愚痴の多い広報担当者とだけ付き合っていたならば、その会社に対して間違いなく良い印象は受けないでしょう。


営業も同じです。自身の商品やサービスに対して余り良いことを言わない。それを作っている、提供している会社についても余り信用をしていない状態で顧客対応すればどうでしょうか。

口では真っ当なことを発していても、表情や言葉尻などで必ずマイナスの情報を発信しているのではないでしょうか。少なくとも自身を持ってプレゼンをする、言葉や表情から本当にこの商品が好きなんだなと思えるプレゼンをする営業マンとは断然違いが出るでしょう。


広報は商品やサービス、或いは会社自体をメディアに信用してもらう、価値あるものだと理解してもらうのが仕事。当然のことながら自身が好きである、自身を持って勧めることができるということは大前提と言えます。



また社内だからといって愚痴をこぼして良い訳ではありません。広報は社長のスタッフでもあり、現場の一社員とは少し立場も違い、一緒になって愚痴をこぼすことには少し問題があります。


理想は一旦現場での愚痴や不満を聞き、その上で誤解を解く、方向を修正することでしょうか。それからこれらの声がある、多いということは、”社内広報”ということで課題があるとも言えますので、広報部門としての課題としても認識すべきだろうと言えます。


自身の会社が好きであること。

これは広報担当者にとって絶対条件だろうと思います。


クリックをお願いします!














 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

2012年ヒット商品ベスト30 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/11/02 08:59)

方針よりも大事なこと 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/29 11:04)

広報マン自身の広報を 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/19 09:17)

既存商品のPRを! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/07/16 10:04)

報道露出分析で解ること 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/06/19 09:05)