社長の不幸話 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

別所 諒
ビジョン・コンサルティング 別所諒 主宰
東京都
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長の不幸話

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
経営コンサルティング ビジネスモデル

まぁ、社長は大変だなと思う。
創業からお客さんを抱えていた会社や、2代目さんは経験がないもしれないが、ほとんどの社長は倒産の危機を体験している。


僕は今のところコンサルタントという職人的に仕事をしているので、自分の生活ができる稼ぎがあれば仕事は継続できる。ただし、スタッフがいればそうはいかない。まして、給料分も働かないスタッフにも給料は払わないといけない。


その結果、経営が圧迫されて、どんどん残高が減っていく状態であれば、気が気じゃない。頭の中は資金繰りのことばかり。しかし、危機感はスタッフに伝わらない。


で、何とか危機を切り抜けて経営を軌道に乗せた時、社長同士の会話は「どれだけピンチを経験したか」という危機体験自慢大会になる。


残高が数万円になって、社内のエアコンを禁止したのに、スイッチを入れようとしたスタッフに「会社をつぶす気か!」と怒ってすべてのスイッチにガムテープを貼ったなんて話は今だから笑える。

危機を脱出した後は笑い話にできるが、その最中にいる社長にそんな余裕はない。


それでも自分を信じるしかない。
僕は、スタッフを信じろとは言わない。
社長にできるのは、スタッフを信じようとする自分を信じるということだけだと思う。



だから、相談を受けている僕よりも、はるかに社長は偉いし、いつもリスペクトしている。

壊滅的な危機は、脱出できれば人を元気にできる笑い話になる。


ブランディングのセオリーに沿って、自分の不幸な体験を語るのではなく、
リアルにそうなっているのだから、人の心に響くのだ。


何としても、切り抜けよう。
そして、笑顔で「不幸話」をしよう。
不幸話を自慢しよう。
そして、ちょっとだけ泣きましょう。



その時、多くの人が、あなたの経験をうらやましいと思うのです。
そして、あなたは「もうあんな経験はコリゴリだ」と笑顔で言うのです。



自分の未来が見えますか?





毎月お届け

社員にバカにされない「社長の通信講座」





このコラムに類似したコラム

5月27日〜6月2日に投稿したなう 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/06/03 12:21)

社長はえらい! 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/11/24 11:49)

ホテルミラコスタ 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/09/26 21:25)

自分の好きな仕事をしたければ、自分を見ない。 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/08/23 12:47)

深くて狭い穴はない 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/06/28 14:27)