「住宅ローン破綻の解決に向けて」-5 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「住宅ローン破綻の解決に向けて」-5

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却









住宅ローン破綻の解決に向けての第5回目です。


「裁判所から、
 担保不動産競売開始決定通知」が来ている・・・・」


「担保不動産競売開始決定通知」とは
債権者が裁判所に競売の申し立てをして
あなたの住宅に差押をしてから送られて来るものです。

この
「担保不動産競売開始決定通知」
の怖いところは、
あなたが今の住宅にいられる最終日時が
決まったようなものなのです。

競売での執行は、落札した
落札者は裁判所へ代金納付を済ませた後なら
いつでもあなたを追い出すことが出来ます。
もし、あなたがそれに抵抗すれば
強制執行をかけることが出来、
最後は強制的に退去させられるのです。

通常の競売の進行は
「担保不動産競売開始決定通知」
を受け取ってから
6ヶ月くらいが目安になります。
しかし、
昨今は裁判所の方針により
競売のスピード化が図られていて
早い傾向にあります。
つい先月の例ですと
「担保不動産競売開始決定通知」
が届いてから4ヶ月で競売が執行されました。

競売のスピード化もさることながら、
不動産競売をビジネスにしている
業者やセミプロの個人投資家などが
大挙して押しかけてきます。

そして、
彼らは決してあなたのために
訪れるわけではありません。
自分たちの利益のために
競売不動産で一儲けしようと
あなたの気持ちなど考えもせず、
朝駆け夜駆けで訪ねてきます。

そんな状況ですから、
隣近所には知れ渡ってしまい、
家族の方も嫌な思いをします。

しかし、大丈夫です。
「担保不動産競売開始決定通知」
を受け取っても
状況は差し迫ってはいますが、
解決できないことはありません。

そもそも、
競売になろうが任意売却できようが 
あなたにとって大切な事は、
強制退去させられる前に、
新しい住居の確保と
競売執行後の残債務の処理の対処です。
「担保不動産競売開始決定通知」
を受け取ったら
専門家に相談をしてください。


このコラムに類似したコラム

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

担保不動産開始決定通知書が届いてからでも、任意売却は出来ま… 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/05/18 07:23)

任意売却はどうして無料でできるのですか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/04 07:36)

任意売却の費用について 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/03/12 08:10)

任意売却のメリットとは? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/03/01 08:06)