世界はひとつ! - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

世界はひとつ!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却









薬がない、建材が足りない、生活用品が不足


食品がない、水がない、


ガソリンや灯油がない、重機がない


さらに、トイレットペーパー、


紙おむつ、パン、レトルト食品がない、




原子力発電の関係者や自衛隊、


消防、警察、それに米軍兵士までも


が被曝しながら復旧作業を続けている。


それは時間との戦いだ。




民間企業もこの際、


採算はあとまわしにして被災地のため、


国のために両肌ぬいで働こう。


国をあげての非常事態なのだから。




深刻な打撃を受けている業界がある。


映画や音楽、ゲーム、旅行などの


娯楽産業は自粛や発売延期が相次いでいる。


なかでも予約キャンセルが続く旅行業界。


観光名所・日光からは観光客が消えてしまったようで、


23年前の昭和天皇崩御による一斉自粛の時でも


今よりは観光客がいたそうだ。




旅行業でダメージを受けているのは


首都圏だけにとどまらず、


九州や沖縄など日本中がその影響を受けている。


原発不安によって外国人旅行者が


日本を避けているため。


こうした事態をうけて連合会は


「痛手には違いないが被災地のことを


考えたらそんなことを言っておられない」


と早期復旧を願っている。




場所によって深刻度こそ異なれど、


もはや日本中が被災地の様相だ。




意外なところでは、


地震の影響で米国アップルの株価が下落し


2日間で200億ドル(約1兆5600億円)も


時価総額が目減りした。




今回の巨大地震の影響で「iPad2」


の販売が延期されたのと、


日本からの部品調達が懸念される事態になり、


証券アナリストが投資判断を引き下げたのが理由だという。


それにしても巨額の"被害"だ。




世界は一つだ。


あなたの会社も今回の地震と


無関係でいられる保証はどこにもない。


大なり小なり影響を受ける。


早めに考え、手を打っていこう。




<自社を守るため>


・復興需要に乗って増産増収できるとすればそれは何か?


・災害による影響で、減産減収するとすればそれは何か?


・それらはどの程度の金額になるか?


・それを受けてどのように対処するか?




<被災地の応援のため>


・今すぐできることは何か?


・時間をおいてできることは何か?


・本業と関係することでできることは何か?


・本業と関係しないことでできることは何か?


・一人(一社)でできることは何か?


・誰かと一緒にできることは何か?




あらゆるケースを想定し、あらかじめ考え、


社内でも議論しておこう。


何が起きても動じない心をもち、


打つべき手は早め早めに打っていこう。


混乱期には普段以上に社長の


強いリーダーシップが求められているのだ。




今日で地震発生7日目。


悲しんだり怒ったり、


不安がったりしている段階は終わった。


経営をやろう。






このメールを受け取ったのは、
昨年の震災直後です。


あの震災から1年経ちました。
照明をおとしたりして、
サービス業のはずなのに
顧客に自粛を強いたり、
中には関東圏から逃げ出す企業まで。


自粛や節電・節約ははたして、
被災地の復興の手助けになったのでしょうか。
まだ被災地は復興を果たしていないのに。。。
当時、自粛や節電・節約していた企業は
今でもしているのでしょうか。
もし、今でも節電・節約で
自粛しているのなら、
倒産の危機にさらされているでしょう。
サービス業ではそんなことをしていたら
お客様は来てくれなくなります。


小企業である任意売却推進センターは
被災地の方々の不安や苦しみは
わかった上で、
普段どおりに消費し、
普段どおりに仕事をすることが
小法人として出来る
最低限の復興支援として
今日までやってきました。


政府の不甲斐なさで震災の
復興の速度は遅いですが、


「国家非常事態宣言」


を出して、
最優先で復興に当たるべきでしたし、
今からでも遅くはないと思うのですが、
今の政府じゃ無理ですかね、、、


不思議に思うことは、
なぜ?この時期、
中国の国債を103億ドル(約8550億円)
で購入するとしたばかりなのに、
今度は、韓国の国債をしかも、
ウォン立てで購入するとは・・・


「世界は一つなんだから」


と言われそうですが、、、、
日本の被災地の復興が先でも
世界の人は理解してくれると思うのですが、、、
今こそ汚名を挽回するチャンスなんですがね。


まあ、わたしたちは、
わたしたちが影響できる範囲に集中して
日々、邁進して行くのみです!!!




このコラムに類似したコラム

返済猶予法の期限切れ間近 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/23 07:27)

任意売却推進センターは8月も無休で無料相談を受け付けています… 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/08/10 06:26)

借金体質からの脱出 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/06/15 18:58)

住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)とは 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/03/06 08:28)