7層の春色ケーキ 4月の製菓連続講座にて - 洋菓子・和菓子 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
廣瀬 ちえ
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

7層の春色ケーキ 4月の製菓連続講座にて

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 洋菓子・和菓子
フランス菓子

4月25~28日
製菓連続講座にて

ピスタチオと赤い果物の春色のケーキ


シシリー産ピスタチオ

緑色が美しく、非常に上品ではかない芳香があります。


皮を湯むきして、フードプロセッサーにかけ


ペースト状に。ピスタチオのローマジパンpate de pistacheからスタートします

ところで長年使ってきた松下のフードプロセッサーがとうとう動かなくなりました。(写真はおさえのもの) ショックです。
でも考えてみれば、教室を始めた前後に買ったはずですから、もう12~13年使っているはず。よくも激務に耐えて、ここまで保ってくれたものだと感心します。
もうひとつちなみに、松下のハンドミキサーもとまりかけています。一番最初に使っていた母のナショナル製ハンドミキサーは30年近く使い続けましたので、こちらはさすがにそこまでは保たないようですが、それでも十分に長保ち。
でも、誘い合ったように同時に壊れるのはやめてほしいのです。困るだけでなく、相当にショック・・・

さて本題

ピスタチオのマジパンからパン・ド・ジェンヌを焼き


いちごとフランボワーズのジャムをはさみ、タヒチのバニラを使ったバニラクリームの上にのせます。
セルクルごとごそっとひっくり返す「逆積みmontage inverse」で作ります。


底にはサブレ生地とフランボワーズのバタークリームを敷いて、合体させます。



いちご味のグラサージュを作って、流します。単体で嘗めると、昔なつかしイチゴミルク味!

グラサージュを流すのは、たぶんみなさんが一番緊張される場面。
「遅すぎです!」「抜けた!」「もっと奥!」「もっと勢いよく!」「お玉のおしりがすってる!」
私が横でやいやいとうるさいので、なおいっそう緊張されるのかも・・。
しかし言わないわけにもいかないのです。


7層のケーキの完成

春らしく、ふんわりやさしい味わいです。

アイスはもちろんタヒチ産ヴァニラのアイスクリーム。今月はどの講座もすべて、頂いたタヒチを使いました。
贅沢に使えて、とてもとてもありがたいことでした!
ひっぱたかれそうなことを言うと、だんだんとタヒチがスタンダードになってしまい、もうマダガスカルの味が分からなくなっています・・。小さい不幸の始まり。

このコラムに類似したコラム

5月教室 加藤 和子 - 料理講師(2013/04/24 18:22)

ピスタチオの春色ケーキ 4月の製菓連続講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2012/04/18 21:18)

りもんちぇーろの忘年会♪ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/12/13 19:13)

こんなケーキがお家で出来たら嬉しいよね! 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/10/17 19:59)

アフタヌーンティーランチへ・・・。 坂本 孝子 - 料理講師(2013/08/22 20:15)