任意売却物件や競売物件の購入 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

任意売却物件や競売物件の購入

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

任意売却物件や競売物件はどちらかというと

プロが扱うものであって
一般の方は難しいのでは・・・
というようなイメージがあると思います。

しかし、
任意売却推進センターの不動産は
任意売却物件・競売物件の

両方とも建物内の内覧もできますし、
所有者のお話も聞けます。
一般の売却物件となんら変わりません。

そしてなにより、
任意売却物件・競売物件は
一般の不動産相場より
格安で販売されているケースが
多いのです。
その大きな理由は
債務超過している物件ですから
住宅金融支援機構(旧公庫)
住宅ローン信用保証会社
債権回収会社(サービサー)などの
回収のための損切り処分案件なのです。

住宅金融支援機構の
「フラット35」
をはじめ民間各銀行の
住宅ローンも可能です。

マンション等の場合は
滞納管理費・修繕積立金
が滞納されていたとしても
すべてを清算してからの
決済・引渡となります。
それに、よくあるのが
滞納税の差押です。
これについても、
任意売却推進センターにて
各自治体と交渉して
すべて納付して差押解除してからの
決済・引渡しとなります。

ただし、
契約については
以下のような点で注意が必要です。

1 任意売却物件は抵当権額を下回った価格である

2 競売や税務署などによる「差押」の場合がある

3 価格交渉ができない場合が多い

4 瑕疵担保責任は免責になる

5 残留物がある場合がある

6 手付金は売主には渡さない

詳しくは
<任意売却物件・競売物件の購入に関する注意事項>
http://www.citylife-zero.com/attention.html

<全国の任意売却物件・競売物件のポータルサイト>NBC不動産情報センター
http://www.citylife-zero.com/

戸建見切り品
http://www.kodate-mikiri.com/

全日不動産ナビ
http://www.zennet.jp/bukken/znbukken_member.php?gid=74041

このコラムに類似したコラム

任意売却物件や競売物件の購入 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/03/28 05:56)

静岡県伊豆市の住宅ローン問題無料相談会 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/02/14 08:22)

福岡県大牟田市の住宅ローン問題相談 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/16 06:19)

もしも、債券が担保付のまま債権回収会社(サービサー)へ売却… 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/10/28 07:43)

島根県松江市の住宅ローン問題無料個別相談会 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/10/26 06:26)