フォワ・グラをソテーに 3月の料理基礎講座のお知らせ - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
廣瀬 ちえ
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フォワ・グラをソテーに 3月の料理基礎講座のお知らせ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室

3月の料理基礎講座のお知らせ
3月15日16日10:30より


フォワ・グラを見て、触って、自分で焼いてみませんか?
フォワ・グラは鴨やがちょうの肥大した肝臓(平たく言えば脂肪肝foie gras)です。
ランド産フレッシュの鴨のフォワ・グラをソテーにし、りんごを添えます。フォワ・グラは少し甘いものを一緒に添えるとよりいっそうその甘みが味わえて、よいものです。
ソースはバルサミコ酢を煮詰めて。最近ときどき見かけるようになった白バルサミコも一緒に添えてみようかと思っています。
少しだけ貴腐ワインもお供させる予定です。
フレッシュならではのフォワ・グラのおいしさを堪能しましょう。

メインはイトヨリを使い、レストランのような華やかな料理を作ります。
じゃがいもで小さい鱗を作り、貼付けて、ぱりっと焼き上げます。もともとはボキューズさんの料理だと思いますが、いまではすっかり家庭料理の本にも頻繁に登場する、メジャーな料理法に。
なかなかにかわいく、手もかかっているように見えるので、お客様料理に最適です。
柑橘類の香りのソースで。

デザートはロールケーキを作ります。

フランスには、日本ほどロールケーキはないのですが、数年前にはたくさんのレシピ本が出版されて、ちょっとした流行のようでした。
ふんわりしっとりとビスキュイを焼き、フロマージュブランを巻きます。国産レモンのマーマレードを添えます。

アミューズやプチフールは未定ですが、よろしければぜひご参加ください。
3月15日(木)16日(金)10:30より
受講料:9500円
ご参加お待ちしております!

igrek@yukitsukamoto.com

このコラムに類似したコラム

食紀行 フランス編④ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/08/04 21:09)

芦屋「アマレーナ」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/04/05 00:15)

三重産エスカルゴを使って 2月の料理基礎講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/01/30 18:49)