何をさておいてもクレーム対応は最優先に! - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

下村 豊
株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何をさておいてもクレーム対応は最優先に!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

私が、営業支援に着手する際に、真っ先に行うことがクレームの記録を見ることです。


中小企業様の中には、このクレーム対応を疎かにしている会社が、結構多い。


製造メーカーなら、修理、返却して終りなんていうのもザラです。


修理点検報告書も作成せず、ものだけ返している。


中には、お客様の使い方が悪いという姿勢で、対応しているケースも見かけます。


例え、お客様の使い方が原因で故障したものでも、まずは、自社の製品の不十分な点がないかという姿勢が大切です。


すこし乱暴に扱っても壊れないというぐらいで丁度良いくらいです。


そして何より重要なことは、記録を残すことです。


製品なら、同じようなクレームが頻発していないか。


同じ営業の対応で、クレームが大きくなっていないか。


これを把握することが重要です。


現在は、以前と違い、クレームに対して、非常に神経を使う必要がある時代です。


スーパーなどでは、卵をおとして割ってしまっても、レジで無償で交換してもらえる時代です。


同じようにクレームが続くことは、メーカーの責任です。


それが分からないなら、ものを販売するのは止めた方が良いと考えています。


もちろん、そんな会社の営業支援はお断りしています。


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

中小企業様必見 強みは必ず社長様の口でお話下さい。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/11/28 19:05)

良い製品より、市場がある商品! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/05/10 17:26)

40年間、ほぼ毎年伸び続けている企業のヒミツ? 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/09/18 06:55)

分析は、反省ではなく次の効果的な策を導くためのもの 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/01/10 19:13)

厳守 クレームは小さいときに解決しなければなりません。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/12/20 19:11)