介護施設の夜勤、「ワンオペ解消を」 労働組合が要請書を提出へ~ケアマネタイムスより~① - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社アースソリューション 代表取締役
東京都
経営コンサルタント
03-5858-9916
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
鈴木 栄美子
鈴木 栄美子
(ビジネススキル講師)
寺崎 芳紀
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2021年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

介護施設の夜勤、「ワンオペ解消を」 労働組合が要請書を提出へ~ケアマネタイムスより~①

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般

こんにちは!介護経営コンサルティング・介護施設紹介「株式会社アースソリューション」の寺崎でございます。


私がよく読ませていただいている「ケアマネタイムス」というサイトに、表題のような記事が掲載されておりました。

私自身の苦い経験と重なったため、今回コラムにて紹介しようと思います。


いわゆる小規模な施設、例えばグループホームや小規模多機能等といったサービスでは、夜勤配置に苦労されているところが非常に多いのが実情です。

実際は、夜勤1名体制を敷いているところが非常に多いということです。


数年前に大手牛丼チェーンでワンオペ問題があり、散々批判されたニュースもありました。

いくら夜勤は日中と比べて客足は少ないとはいえ、労働者の働き方の問題やセキュリティの問題等、好ましくないことは明らかです。


牛丼チェーンでも過酷なのに、人の命を預かる介護施設において夜勤1名で業務をするのは、ちょっと考えられません。


「ケアマネタイムス」の中で、今回労組が厚生労働省に要望書を提出されるとのこと。

私はこれは全面的に支持したいと考えております。


なぜ私はここまで熱くなるのか。

それは、自分自身がワンオペ施設にいたことがあったからでもあります。



続きは次回に・・・

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社アースソリューション 代表取締役

介護事業所の開設から運営まで、オールワンでお手伝いいたします

有料老人ホーム施設長・訪問・通所介護管理者・老健相談員、事業所開発等の経験を活かし、2007年7月に弊社を設立しました。介護施設紹介サービスをはじめ、在宅・施設介護事業所の開設・運営支援・実地指導対策支援を行っております。

03-5858-9916
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

介護報酬改定のQ&A 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/03/06 18:03)

コロナ回復患者 退院後受け入れで加算算定可能へ 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/02/20 08:00)

ニュー・ノーマル 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/02/25 08:00)

自立支援・重度化防止の観点からの「アウトカム評価」 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/02/06 08:00)

運動 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/02/04 08:00)