むち打ちの「治療」で注意することは?(整形外科への通院。継続的な治療を。) - 交通事故 - 専門家プロファイル

弁護士法人アルテ 代表弁護士
兵庫県
弁護士
06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

むち打ちの「治療」で注意することは?(整形外科への通院。継続的な治療を。)

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 交通事故

交通事故によるむち打ち(頚椎捻挫)で、首や頭が痛く、事故直後から手がしびれるというような場合、主治医の指示のもと通院を続ける必要があります。

痛みやしびれがある場合、病院での治療については継続的に行きましょう。

病院への通院日数が少ない場合、「痛くないから行かなかった」と判断される場合がありますのでご注意下さい。

また、痛みやしびれが残り、治らない場合、主治医の先生の後遺障害診断を受ける必要があります。

この後遺障害診断の際、後遺障害診断書(これは書式が定められています。)を作成してもらう必要がありますが、むち打ちの場合、後遺障害診断書を作成するのは整形外科の医師です。

ですから、整形外科への通院が必要となります。

また、自覚症状について、事故の当初からカルテ・診断書に記載してもらう必要があります。

むち打ちでお悩みの方はこちら!

むち打ちの「解決事例」はこちら!

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / 弁護士)
弁護士法人アルテ 代表弁護士

企業法務から身近な法律相談まで幅広く対応いたします。

弁護士法人アルテ代表弁護士。東京大学法学部卒。企業法務に従事し、労働問題(会社側)に精通。著書「外国人雇用の実務」(同文舘出版)。ラジオ番組出演(FMあまがさき「中西優一郎のLaw and Order」)。商工会議所、大学、企業での講演・セミナー多数。

06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

交通事故の「後遺障害診断書」のポイント(自覚症状の欄) 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 09:41)

むち打ちで適正な賠償額を獲得するためには 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 11:38)

むち打ちの「後遺障害」で注意することは? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 11:28)