市場 対 教授 相場が悩むわけ - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

大山 充
株式会社 東京総合研究所 代表取締役
東京都
シニア・エグゼクティブ・アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

見川 優香
見川 優香
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2021年02月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

市場 対 教授 相場が悩むわけ

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般

今、市場は、マイナス金利への効果の意見が分かれている。

日銀や東大教授は、マイナス金利の効果が、数学的にある、としているが、

実際の市場はこれを数学的にみていない。

ようするに、理論派は名目金利。

市場は実質金利を見てる、ということだ。


名目金利が、例えば、1%の時、

物価上昇率が2%あれば、実質金利は1-2で-1%になる。

金利が0で、で物価上昇率が1%なら、0-1でこれも-1%になる。

今、日銀は、この名目金利を下げたのだが、

実質金利=

名目金利-(インフレ率)

のインフレ率が小さいため、名目金利が少しマイナスになっただけで、ほとんど効果がでていない。

一方、対ドルでみれば、

米国インフレ率が日本より高いために、実質金利が低く、そのために、米国の金利の方が

低くなってしまっている。

ここが名目では、日本が低いが、実質では、米国との差がでない所以であり、

そのために、ドルは、買われない。

おかしな話だが、日本は、これらの計算ができていない。

なぜなら、官僚にファンドマネージャーがいないからだ。

いつもの遅すぎる政策は、今回、ドイツの了解でも取り付けなければ、さらに財政出動の効果が薄れ、

第二のシャープを生み出すことになる。


我々の資産ヘッジの方法はそのために、景気が減速してなお、資産が増える方法を取らなければならない。

それは、デリバティブでしか、完成しない。

つづきはブログで。

20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報

http://kabublog.jp/











このコラムに類似したコラム

「世界の運用資産額62兆ドルに!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/07/26 15:35)

商品指数の動向と、資産配分の考え方について 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/26 16:00)

日本の投資マネー動向~日本国内特化型ファンド~ 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2021/01/28 14:21)

「ASEAN中小型株式ファンド」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2021/01/14 17:04)

「マネージド・フューチャーズ・ファンド」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2020/08/14 09:42)