「レセプト債券 またもや破たん!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「レセプト債券 またもや破たん!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!

さて、この度「レセプト債」を発行していた3社と運営会社が、

破たんしたという報道がありました。

「レセプト債」とは、医療機関の診療報酬の請求権を買い取って、

社債などに証券化された金融商品のことです。

 

医療機関の診療報酬という“裏付け”をもとに、ファンド化し、

資金を集める商品ですが、今回、発行会社の資産の合計額が、

明らかに債券の発行残高に比べ少ないことが判明しました。

現在、証券取引等監視委員会が、

ファンドの運用に不審点があるとして、調査を始めています。

関連3社が発行した債券残高は、約227億円に上るとみられ、

今後この資金が回収できるかどうかが焦点です。

 

診療報酬債権の事件としては、

米国のMRIインターナショナルの詐欺事件が記憶に新しいところです。

この時も、約1800億円の資金が搾取されました。

 

この手の事件の共通点は、“ファンドのストーリー”が、

「一応安全な形」を装っていることです。

「医療機関の報酬請求権」と聞けば、

何となく、取りっぱぐれのない資産と思ってしまいます。

ただ、問題はその中身です。

この手のファンドは、りっぱなパンフレットはあっても、

その実態がまったく掴めません。

 

結論からいえば、このような“ファンド”には、

絶対手を出さないことです。

一般個人投資家の投資に適しているのは、

上場している公募商品か、私募の場合は、

その会社の“格付け”がしっかりしている商品に限ります。

 

そうすれば、投資のため価格変動はあっても、

少なくとも詐欺事件などには巻き込まれなくて済みます。

毎年、必ずこのような詐欺事件が、何件かは起こります。

被害に合わないためにも、是非ともこの“鉄則”は、

守っていただきたいと思います。

 

それでは、今週末も、穏やかな日々をお過ごしください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

市場 対 教授 相場が悩むわけ 大山 充 - シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(2016/04/04 16:23)

人生95年と考えて、ライフプランを考える時代 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2015/01/13 13:54)

「ヘッジファンド 運用残高過去最高!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/07/04 11:56)

マイファンドレポート2013年9月確定版を掲載。当月は4.17%の上昇でした。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/13 19:00)

「いつかはゆかし」(アブラハム・プライベートバンク)に業務停止命令 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/11 08:58)