筋筋膜性腰痛(腰部筋肉痛)腰痛で一番多い! - 神経痛・腰痛・ヘルニア - 専門家プロファイル

川井筋系帯療法治療センター 院長
東京都
整体師/あん摩マッサージ指圧師
03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
井元 雄一
(WHO基準カイロプラクター 健康科学博士)
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年11月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

筋筋膜性腰痛(腰部筋肉痛)腰痛で一番多い!

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 神経痛・腰痛・ヘルニア
プロが教える腰痛改善法

筋・筋膜性腰痛(腰部筋肉痛)

 

腰痛で一番多い筋肉の痛み

 

 

 

  腰痛で一番多い腰部筋肉の痛み

 

「筋筋膜性腰痛」(腰部筋肉痛)とは、

疲労などにより過剰に緊張した腰の筋肉に負担がかかって起こる腰痛です。

簡単に言うと、腰の筋肉の痛み。

 

腰痛で1番多いケースはこれです。10代から年配まで、幅広い年代でよく起こります。

長時間の同じ姿勢や荷物の上げ下ろしなどのように同じ動作が繰り返されるなど、

同じ筋肉ばかりに負担がかかると、その筋肉が疲労して固く縮こまってきます。

その固くなった筋肉が無理に使われてしまうことにより、傷つき痛みが出るのです。  

 

 

 

痛めやすい筋肉は、

 上半身を起こす働きをするウエスト部分のインナーマッスル(腰方形筋や脊柱起立筋)です。

 もともと筋肉が少ない女性や腰の反り返りが強い人、「腰椎すべり症」の人などは、

 これらの筋肉に負担がかかりやすくなります。

 

実はこれ、「筋肉が弱い」から痛みが出るのではありません。

 

筋肉が過剰に緊張して固く縮こまっているために痛みが出るわけですから、

改善法としては筋トレやストレッチではなく、筋肉をゆるめることが大切です!!

 

腰部筋肉痛」は日常動作の中で姿勢を維持する筋肉に負担がかかって起こるので、

 姿勢のとり方や動作の仕方によって負担のかかり方が違います。

 

また、土台である骨盤が傾斜やねじれていると、

骨盤からつながって上半身を支えるウェスト部分のインナーマッスル(腰方形筋や脊柱起立筋)も

不均衡な緊張を起こして、より負担がかかりやすくなります。  

 

 

【症 例】「体のゆがみ」と慢性的な疲労から発症!

 

50代の主婦が、つらそうに腰に手を当てて来院しました。

これまで何度かぎっくり腰をやっていて、整形外科でも何度か診てもらったが

レントゲン検査で「骨には特に異状なし」と言われ、湿布と痛み止めをもらうぐらい。

仕方なしに、近所のマッサージに時々行って、つらさをしのいできたといいます。

 

さらに話を詳しく聞くと、

若い頃からスポーツが好きで、出産するまではよくテニスをやっていたこと。

その後、3人のお子さんに恵まれたが、日々の家事に子育てと目まぐるしい生活が続き、

慢性的な疲労状態でがんばってきたこと。

ウエスト部分の筋肉と右のお尻が特に痛むということを話してくれました。

 

当院の「モアレ写真」で検査すると、骨盤が前傾して腰の反り返りが強く、

右側が押し上げられてねじれた状態でもありました。

さらにその他の検査でウエト部の筋肉の過剰な緊張と右仙腸関節部のずれを確認しました。

 一方向に体をねじる動きの多いテニスをしてきたことや

3度の出産で仙腸関節もずれやすくなっていたこと、

さらに日常生活での腰への負担が続いて

「体のゆがみ」が大きくなってしまったのが、根本的な原因になっていたわけです。

 

そこで、股関節から骨盤にかけてのインナーマッスルをゆるめて、

骨盤の前傾やねじれを正して骨盤を安定させていきました。

骨盤が安定してくれば、ウエスト部分のインナーマッスルも自然にゆるんでいきます。

 

初回の施術で右仙腸関節部の痛みが軽減して、全身的に緊張していた体も軽くなりました。

自宅での日常生活動作を見直し、「骨盤ゆらゆら体操®」も行うように指導しました。

 

その後、週に2回程度継続して通院して、2~3カ月ぐらいで日常での痛みは出ないようになりました。

今は「体のゆがみ」の定期メンテナンスとリラクゼーションを兼ねて、

月に1回程度来院して、毎日元気に過ごしています。

 

以上、拙著【腰痛が治るのはどっち?】(学研パブリッシング/刊) より

 

健康で元気に過ごすためには、脚、腰がとても重要ですね。

腰部筋肉痛をはじめ、腰や脚の痛み、しびれに悩まないように早めに改善しましょう!  

 

腰部筋肉痛をはじめ、慢性腰痛に悩む方から、

病院で診断を受けた方、手術をしたのに痛みがなくならないという方まで、

腰痛に悩むあらゆる方に知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!

新刊JP「腰痛が治るのはどっち?」

 

腰痛患者延べ5万人を救ったカリスマが教える

正しい腰痛の治し方

 

全国有名書店で大好評発売中!

「腰痛が治るのはどっち?」 (学研パブリッシング)

Amazon「腰痛が治るのはどっち?」

 

「骨盤ゆらゆら体操®」や川井筋系治療法について

 詳しく知りたい方は、こちらをお読みくださいね!

  

「骨盤ゆらゆら体操®」のオリジナル図解掲載!

自宅で超簡単!寝ころがって寝起きや寝る前にやるだけで、

腰痛や股関節痛、足のしびれが消えていく!

腰痛体操ならまずはこれ!「骨盤ゆらゆら体操®」

Amazon 腰痛・股関節痛・足のしびれが消える「骨盤ゆらし」

全国有名書店にて好評発売中!

 

寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」DVD    

 

脊柱管狭窄症・腰椎ヘルニア・仙腸関節痛・腰部筋肉痛・ぎっくり腰 に効果あり!

 

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!  

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
体にやさしい骨盤ゆらゆら整体! 川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京(渋谷) 横 浜 船 橋 大 宮 名古屋 札幌

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井筋系帯療法治療センター 院長

身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

首肩こりや腰痛、便秘、更年期障害、アトピーなどの諸症状を独自の身体分析法と手技施術で改善へ導きます。35年の歴史がある独自の整体「川井筋系帯療法」は、東京、横浜、船橋、大宮、名古屋、札幌でこれまでに5万人以上の施術実績があります。

03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「プロが教える腰痛改善法」のコラム

このコラムに類似したコラム

年末年始は、腰痛を起こしやすい!その理由とは? 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2015/12/24 15:58)

ぎっくり腰(急性腰痛症)ってどうしてなるの? 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2015/11/30 11:00)

『神の手』が教える【最強の腰痛治療】セミナーDVDの動画がリニューアル! 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2017/11/03 16:31)

曹洞宗会報【禅の友】にコラムが掲載されました! 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2017/06/01 19:44)

出演番組が無料視聴できます!(3/29まで) 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2017/03/24 14:45)