アメリカ会社設立―自分自身についての考察 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士
ワシントン州公認会計士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年07月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカ会社設立―自分自身についての考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

アメリカ会社設立―自分自身についての考察

誰かに自分自身のことにレッテルを貼られる場合、たいていの場合は間違っています。

そして、その内容が ネガティブな場合 ついつい その内容に応じてしまいがちですが、間違っているんだから、信じなくていいのです。他人のレッテルを「信じない」ためには 常に 自分が何であるかを自分自身 強くわかっている必要があります。

   自分は _____ である。

   自分は _____ である。

 

例えば、「自分は 歯科技師である。」「自分はウェイトレスである。」「自分は 美容師の妻である。」「自分は 寝たきりの父の世話をする」

さてここで質問です。この内容は あっていますか?真実ですか?

 

以上の答えが出てきたら、上の ①② のラベルのセンテンスを完成させます。

 

1つ1つの文章について考えます、

 

何を答えるにしても それは 自分自身の中の小さな一部分でしかありません。つまり、どれをとっても 完璧なあなた自身ではありえない、ただのひとかけらにしかすぎません。そして、10年前の自分は 今の自分と全然違うように 自分自身の部分は常に変化、進化し続けているはずです。それを受け止める自分自身も変わっています。こうして、もっと深いところにある 本当の自分が 見えてきたとき、うそのレッテルは 価値のないものになります。そんなものは 捨ててしまえばいいのです。

 

http://usa-consultants.com/

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ワシントン州公認会計士)
TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立

アメリカでCPAをしています。アメリカの確定申告、アメリカのレストラン、アメリカの会社設立、アメリカの中小企業、アメリカ進出企業、アメリカグリーンカード、アメリカビザの確定申告をしています。