やりたいことに出会う - コーチング全般 - 専門家プロファイル

星 和美
グレータープレゼンス 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
ルーク 平野
ルーク 平野
(恋愛アドバイザー)
ルーク 平野
ルーク 平野
(恋愛アドバイザー)
ルーク 平野
(恋愛アドバイザー)
ルーク 平野
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2017年04月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

やりたいことに出会う

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般

ある日、著述家のニール・ドナルド・ウォルシュのワークショップに一人の女性がやってきて尋ねました。

「私は自分がこの世に存在している意味がわからないんです。もう何年も考えているのですが、なかなか答えが見つかりません。どうしたらいいでしょうか?」

それに対する彼の答えはこうでした。

「まず家の外に出なさい。そして、街をゆっくり歩きなさい。そこで出会う人や目にする出来事をじっくり観察しなさい。そうしたら、いずれあなたの求めている答えが見つかるでしょう」

これは榎本英剛さんの『本当の仕事』で紹介されている話です。「自分のやりたいことは、一人で部屋にこもって考えていても見つからない。街に出て他者と関わり、世の中と関わることで見えてくる」と書かれています。

このくだりを読んで、潜在意識のことが思い浮かびました。自分の好きなこと、やりたいことは潜在意識(無意識)の中にうずもれていて、実際にやってみてわかることがあります。

また、意識して考えたやりたいことは、無意識がやりたいと感じることと隔たりがある場合があります。

例えば家を借りたい時、間取りや家賃や駅からの距離などのスペックは文句なしでも、実際に訪れた時に感覚で感じるものの方に本当に住みたいと思わせる何かがあったりします。

深く考えすぎず、直感を頼りにするのは無意識から来たシグナルに従うことかもしれません。

ちなみに人が日常生活をする上で使うのは95%以上が無意識だという説があり、なかには私たちは99%無意識で暮らしていると唱える人もいるほどです。(コーチングをしていると「あー、そうか!」という体験をともなうことがよくあります)

まもなく4月。新しく何かを始めることが多い時期です。いろいろなものを観察しながら、興味を持って関わり「そうそう、これこれ!」というひらめきに出会えますように。


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

直感の磨き方 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/10/16 19:00)

コーチはなぜ質問するのか 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/08/16 17:48)

みんな互いを理解するのが不得意 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/08/12 18:06)

意識の進化 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/04/13 17:15)

ぴったり翻訳 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/04/03 11:40)