【最幸ビジネスモデル】競争と比較がなくなると。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】競争と比較がなくなると。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

 【最幸ビジネスモデル】  2013.12.4 No.0754
===========================

最近、
息子がツタヤで借りた「キングオブコント」に
ハマっているので、私も一緒に見ている。

面白くて夢中になってしまう。

それで、
あまりにも、どのコントも面白いので
全員が優勝して欲しいという気持ちになる。

その一方で、
「バイきんぐ」が優勝する場面では
いつも感動して涙が出る。
(息子が何度も見るから何度も感動。)

優勝という事があるから、
この感動なのだ、と感じる。

16年の下積みを経て優勝したときの
涙はとても深い。
それにもらい泣きしてしまう。

だいぶ以前、
高校生のマーチングやチアリーダーなどの
密着番組を見た時にも
同じ事を感じた。

勝ち負けがあるからドラマが生まれて
感動がある。

それは、とても良く理解ができる。

その一方で。
実は私はいつも
競争も比較もないけれど
心から楽しめて感動もある世界が在る事を
感じている。

競争があると燃える
というのが、今の時代なのだと思う。
それは進化のプロセスであって
きっと、競争も比較もないが
ただ、自分が追求・探究して表現した何かを
お互いに見る事で、触発しあったり
楽しめたり、純粋に感動したり。

そういう在り方に進化していくのだと・・・。

どうしようもなく感じている。

それを言うと、
競争や比較のおかげで生まれる感動を
否定しているように聞こえてしまうかもしれないが
そうではない。

昨日の記事でも書いたが
今までのピラミッド型の組織や
不安を煽るビジネスは
悪い事ではなくプロセスとして必要なことだった。

そのプロセスを経て違う時代に変化していく。

競争や比較という事も、その事と同じで
プロセスなのだ。

いま、私たちが
古代文明ではこんなことが起こっていた、とか
戦国時代は・・・などと言うように
今のこの時代も、プロセスとして
語られるだけであって、
流れの中では、すべてが必要なことなのだ。

そして、
感動屋の私は、
誰よりももらい泣きしてしまうのだが
その一方で、いつも、競争や比較なく、
ものすごい感動は起こる、と言う事も感じている。

絶対に優勝したい!
勝ちたい!

そういうモチベーションではなく
ただ、自分に正直に探究・追求していけば
その世界は感動に満ちていると感じている。

競争・比較がなくなると進化もなくなる、
という人もいる。

けれども
自分以外の誰かと競争するよりも
自分の奥深く探究して行く方が、きっと
もっと世界が広がると私は思う。

そして、時代はもう
その感覚に突入している。

人に勝つより、人から認められるより、
自分が納得できることのほうに
喜びを感じる・・・。
だからこそ、
同じように、自分を探究し合う者同士が
触発し合い、尊敬し合える時代に。

とはいえ、
「キングオブコント」は、マジおもしろーい!
私もお笑いがやりたいっ!

(↑お笑いがやりたい、エピソードは明日の記事に)

___________________________
■今日のまとめ

 人に勝つより、人から認められるより、
 自分が納得できることのほうに
 喜びを感じる・・・。
 自分を探究し合う者同士が
 触発し合い、尊敬し合える時代になってきている。

---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最幸ビジネスモデル】信頼とは。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/07/30 10:53)

【最強ビジネスモデル】順位付けについて。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/04/17 08:01)

【最強ビジネスモデル】メモリ1m。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/02/05 08:56)

【最強ビジネスモデル】社員の脳を結集せよ。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/01/18 10:17)

【最強ビジネスモデル】21世紀型リーダーの役割。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2012/10/25 12:55)