ガン保険に入るタイミング。 - 家計診断・家計の見直し - 専門家プロファイル

藤原 良
ファイナンシャルプランナー
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ガン保険に入るタイミング。

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計診断・家計の見直し
ファイナンシャルプランニング 家計見直し

これから貯金したい女子必読の無料メルマガ配信中!
『マネー美人になる為の3箇条7日間メールセミナー』
こんにちは、1日3分マネーレッスン!

神戸のお金の専門家、ファイナンシャルプランナー藤原です。

メニュー/アクセス/電話をかける/メールで予約

ガン保険に入るタイミング。
一般的に、医療保険(入院したら給付金が出る保険)に加入する際には「告知書」という書類を提出する必要があります。

その告知書には、過去の病歴などを詳細に記入していただくわけですが、その内容によっては、

●医療保険に加入できない
●加入に条件がつく(特定の病気の時には給付金が出ないなど)
●加入が延期される

なんてことが起こりえます。


また、医療保険の仲間にガン保険(ガンで入院した時のみ給付金が出る)がありますが、こちらも告知書の提出が必須事項です。

ただ、一般の医療保険よりも告知項目は少なく、比較的入りやすい保険です。

保険会社からしてみれば、ガンの時しか給付金を出さなくて良いので、間口を広げているわけですね^^


ただ、だからと言ってガン保険加入を後回しにする人がいます。

入りやすい、と言っても「必ず入れる」わけではないです^^;

例えば胃のポリープ

健康診断で指摘されて、「経過観察」と診断された人は、所定の期間ガン保険に入れない可能性が高いんです。

本人は、これがガンになるわけない!と思うかもしれませんが、保険会社側からすると、ポリープのない健康な人と比べると、リスクが高い人、と判断されます。

また、年齢を追うごとに保険料はどんどん上がります

30歳と31歳のガン保険の保険料はそれほど大きな差はなくても、60歳と61歳ではだいぶ違ってきます。

30代と60代では、「ガンになりやすさ」が全然違うので、保険料の上がり方も大きくなるわけです。

なので、ガン保険は健康診断で指摘される(健康診断を受ける)前、そして年齢が若いうちに加入を検討するのが良いですよ^^

最後までお付き合い下さりありがとうございました。

ファイナンシャルプランナー 藤原 良

このコラムに類似したコラム

僕らの存在意義。 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/12/08 09:00)

プロパンガス代は、●●次第で節約できます。 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/28 18:00)

三宮の美味しい創作料理店発見! 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/29 17:30)

資産運用ってした方がいいですか? 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/30 20:00)

一番人気はあなたにとって一番かどうかはわかりません。 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/15 20:24)