生クリームからバターを作って、焼いたバターケーキはどうなるのか - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生クリームからバターを作って、焼いたバターケーキはどうなるのか

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


生クリームをずっと泡立てていると、ふわっとホイップクリームになります。これをさらにずっと泡立て続けると、だんだん乳脂肪の固まりがもろもろとしてきて、そのうち水分(ホエー)が出始めます。この水分を取り除くと、バターができます。

できたてのバターは乳風味が豊かで、新鮮な味を堪能することができます。
ところで市販のバターというのは、工場でこのあとエージングという行程を経て
出荷されるのだそう。
ところが手製のバターはエージングがかかっていないため、分子構造が整わず不安定で、手製バターを使ってのバターケーキはよいものが焼けない、とされます。

という説明をいつも、パウンドケーキの講座のときにみなさんにお話するのですが、じつはやってみた事がありません。
「よくないって、どのくらい、どんな風によくないのだろう」
ずっと思っていました。

そこで生クリームがたくさんあったため、自分で焼いてみることにしました。
まずは本当に生クリームからケーキが焼けたことにちょっと感動!
切ってみると、たしかに気泡はすこしまだらのようにも見えます。
食べてみるとなんとなくぱさっとしているようにも感じますが、レシピで工夫すればなんとかなるレベルのようにも!

秋になって涼しくなったらまた追求してみようと思っています。うまくいったら、単発講座でご紹介します。

このコラムに類似したコラム

スペシャルなもの 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/08/14 12:38)

逆折りフィユタージュの意味 3月の製菓連続講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/03/23 23:50)

自分で生み出せるものとか。 笠井 奈津子 - 料理講師(2012/10/13 09:48)

りもんちぇーろの忘年会♪ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/12/13 19:13)