財産分与の性質 - 家事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年10月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

財産分与の性質

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件

1、財産分与の法的性質

・最高裁判例は、夫婦共同財産の清算・過去の婚姻費用の分担・慰謝料・将来の扶養的財産分与を含む。

 

・夫婦共同財産の清算的財産分与

・分与の割合、妻の寄与度

別居中について、育児は評価できるが、家事(炊事、洗濯、掃除)は評価できない場合もあろう。

高額所得者、会社役員、夫が医師などの特別な資格・職業・技能を有する場合には、妻の寄与度をかならずしも1/2と評価しなくてもよいのではないか。

 

 

・将来の扶養的財産分与

 肯定する裁判例と否定する裁判例がある。

 ただし、①産休や育児休暇制度などを含めて、専業主婦である妻の社会進出が進んでいなかった。②妻の年金制度や年金分割が整備されていなかった、③妻の法定相続分が1/3と少なかった等の時代背景があり、現在では、別に解すべきではないか。

このコラムに類似したコラム

離婚に関する慰謝料請求 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/02 16:46)

離婚の慰謝料 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/22 14:56)

○慰謝料の額について 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/05 15:09)

離婚についてだけ当事者間で合意ができた場合 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/01 10:20)

離婚・離縁についての家事調停の特例 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/25 15:55)