日本マクドナルドの低迷から美容室の今後を読む! - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

森 大志
森大志税理士事務所 
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
荒井 信雄
(起業コンサルタント)
笠井 文哉
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年09月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本マクドナルドの低迷から美容室の今後を読む!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

日本マクドナルドが苦戦している。


今年になって話題になった60秒サービス。


商品を60秒以内に提供できなければ無料券を配る

キャンペーンでした。


しかし、1月の既存店売上高は前年同月比17%減。


今までデフレの勝ち組と言われた日本マクドナルドが、

苦戦しているのです。


それも、様々な対策を取っているにも関わらずですか

ら深刻な状況です。


アベノミクスによって景気が良くなる期待があります。


百貨店などでは高額商品も売れています。


だから、メニュー価格が高くても良いとは限らない。


自店の商圏の住民はどのような方々なのか。


自店のお客様はどのような方々が多いのか。


生活必需品は価格にこだわり、こだわりの品は

高くてもほしい。


余裕のある人と余裕のない人。


一言に二極化と言っても、様々です。


髪が伸びたのでカットするようなことは、低価格

でも良いと言う人が増えています。


でも、明日は結婚式だからおしゃれなスタイルで

参加したいと言う人はデザインにこだわりますか

ら、お店も選びます。


様々なことを分析して、自分のお店のコンセプト

を考え、メニューを決めます。


ここがしっかりしていないと、他店のカットがいく

らだから、うちのお店もいくらにすると言うような

ことになります。


日本マクドナルドの苦戦は、外食を減らし内食

が増えているとも言われています。


消費者の生活防衛本能の結果かもしれない。


そう考えると、低価格の流れは無視できない。


しかし、来年から消費税が上がります。


消費税の増税分を価格転嫁できるのか。


美容室も経営課題が山積ですね。


だから、私たち中小企業は勉強あるのみ。


皆様の健闘をお祈りいたします。







このコラムに類似したコラム

クラウドソーシングによる起業が増加 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/08/26 20:26)

俺のフレンチの成功で確信したこと! 森 大志 - 税理士(2013/01/21 16:52)