消費税の増税は消費税額が変わるだけだと思っていませんか! - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

森 大志
森大志税理士事務所 
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

閲覧数順 2017年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

消費税の増税は消費税額が変わるだけだと思っていませんか!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

6月11日に第3回スリーフォルム志業経営セミナーを、新宿NSビル

で行います。


タイトルは、美容室の生き残り戦略セミナー

「消費税増税時代をどのように乗り越えるのか!!」です。


ご存じのとおり消費税が来年の4月から8%になる予定です。


ある美容師さんと話をしたら、うちは8%になっても大丈夫という

答えでした。


おそらくこの答えの前提は、今まで8400円だったメニューを8640円に

すればいいという考えでしょう。


そういうことならば、私は今回のようなセミナーを行いません。


世間ではアベノミクスが、どうのこうのと言っています。


しかし、あるアンケートでは7割の人が何も変わらないと言います。


変わらないどころか、これから高齢化社会に向かう日本においては

負担が増える一方です。


そんなときに負担が増える消費税の増税が行われるのです。


私が今回のセミナーを行うのは、消費税の増税をきっかけとして

消費者の消費行動が変わるかもしれないからです。


現に、低価格カット専門店は今では違和感なく受け入れられています。


最初は、技術に問題があるとか批判ばかりが目につきました。


それなのに、今では多くのお父さんたちが理容室から低価格カット

専門店に流れています。


その流れが、美容室にも及ぶかもしれない。


消費税の増税をきっかけとして、今までの自分や家庭の消費を

考え直す動きが出てくるとにらんでいるからです。


少子高齢化の進む日本では、いやでも考えなければならない

ことなのです。


それにどのように対応するのか。


私たち中小企業が生き残るには、どうしたらいいのか。


やはり、勉強しかありません。


私と一緒に勉強しませんか。


皆様の健闘をお祈りいたします。