堀江 健一(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)- コラム「アメトーク1 2016反省会1 周りの人に反省している事を伝える事が大切」 - 専門家プロファイル

堀江 健一
何より優しく共感を持って、あなたの味方になります

堀江 健一

ホリエ ケンイチ
( 東京都 / 恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー )
カウンセリングルーム エンパシィ 代表責任者
Q&A回答への評価:
4.6/41件
お客様の声: 15件
サービス:9件
Q&A:110件
コラム:200件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
070-6640-7990
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

アメトーク1 2016反省会1 周りの人に反省している事を伝える事が大切

- good

恋愛心理 自己受容 2017-12-01 10:42

アメトーク 2016反省会 もっとやれるはずだったのに 
2016年年末放送
日曜日のゴールデンタイムでの放送も始まったアメトーク。
今さらどんな番組なのか、説明する必要もないかも知れません。
お笑い芸人の雨上がり決死隊の宮迫さんと蛍原さんの二人がMCを務め、毎回違ったテーマで集まった芸人やタレントさん、ミュージシャンやスポーツ選手たちが、その趣味の事や、過去の経験を「それあるある!」と思えるあるあるトークなどして盛り上がるバラエティ番組です。


例えば過去には「ジョジョ芸人(人気漫画、ジョジョの奇妙な冒険のファンの出演者たちがジョジョの魅力をそれぞれ披露する)」


「中学校イケてない芸人(中学生時代、いかにまったく華の無い、寂しい青春を送っていたかを笑いに変えて披露する)」


「運動神経ない芸人(まったく運動神経があるとは思えない芸人さん達を集めて、バスケットや走り幅跳びをしてもらい、その運動神経が無いっぷりを披露する。フルーツポンチの村上さんが、走る時にまったく膝が曲がらない状態で行う走り幅跳びがあまりに奇跡的で、ヒザ神と異名が付いた)」


など、どれも秀逸なテーマで楽しませてくれます。



以前紹介した「しくじり先生」のように、いかに自分の失敗やドジさ加減や、偏った考え方をするかや、人が流してしまう様な細かい出来ごとにこだわるかなど、言わば普通は短所と思われても無理もない様な所もテレビで公開して、視聴者に笑いをもたらす内容になっています。

この日のテーマは何組かの芸人さんが、2016年の年末に、今年の反省会を行うと言うテーマでした。
いつこの話題についてブログで書こうかと思いながら、もうすでに1年経ってしまいました。
来週12/7には2017反省会がオンエアーされてしまうそうです。



品川庄司の品川さんが
とにかく嫌われていて、レギュラー番組が無くなり、アメトーク以外では出演が無い。
「もし会社で同僚だったら、仕事の手柄を横取りされそうな芸人」のナンバー1に選ばれちゃった。
しかもこの反省会企画でしかリーダーにもなれないから、この反省会だけが唯一の冠番組だ。
と反省。

バイきんぐの小峠さんが、
相方の西村さんは、芸人であるにも関わらず、しゃべらない。
本番中にボケて話しかけても、あんまりツッこんで会話を返してくれないので、段々西村さんだけが仕事に呼ばれなくなる。
その結果西村さんだけが1人でキャンプに行く。
暇だからどんどん奥地でキャンプするようになり、急な仕事が入っても携帯電話が圏外になり、連絡が付かないから、ますます仕事に呼ばれなくなる。
するとますますキャンプに行くようになる。
と言う、悪夢のキャンプループにはまっている。
とか

フルーツポンチの村上さんが
新人が沢山出て来て、段々仕事が減る。
落ち込んでいると品川庄司の品川さんが「自由な時間が増えて、それを嘆くよりも、その時間をいかに有意義に使うか考えろ!」と言われて心に響いた。
そこで面白い芸人さんの芸を勉強したり、一緒に飲んだりしてセンスを磨こうとしたら、返って自分が面白いことを言えるセンスが無いように思えて来て、本番で何か言おうと思っても言う勇気が無くなってしまった。
ヘタにお笑いを見る目だけが肥えると、自信が無くなって発言が出来なくなる。
かろうじて仕事で笑いが取れるのは「ヒザ」に関するネタの事ばかりになって、ヒザのおかげでテレビに出られている。
ここで品川さんが、村上の実力がヒザに追い付いていない、と発言し笑いを取っていました。

など話していました。

笑えるような話にしていますが、ウケを狙った作り話の反省ではなく、本人たちは非常にシビアな悩み事でもあったことでしょう。
でもこうして話してしまうと、会場の人達も、観ているテレビのこちら側の私たちも思わず笑ってしまいます。
きっとエピソードを話芸として面白く話すので「アホやなぁ」みたいな気持ちで笑ってしまうのですが、本当にバカにして笑っているわけではないのではないだろうかと思います。
どちらかと言うと微笑ましいような、観ている自分もその芸人さんに共感して「あーあるよねぇ」みたいな一体感が感じられるような、暖かい笑いなのではないでしょうか?


年が明けて2017年。

バイキングの西村さんはこの時のトークが面白かったせいか、何度かキャンプネタでテレビで見かける機会が増えた様に思います。

なんでも、たった一人でキャンプに行って、朝までひたすらキャンプファイアーを眺めながらウイスキーを飲み、太鼓のような楽器を叩き続けるのが至福の時だそうです。

何が仕事に繋がるかわからないものですね。


以前、ボランティアに関する事を勉強していた時に、アメリカの元大統領レーガン氏の話が出てきました。
レーガン氏は大統領を辞めた後、自分が「エイズ」に感染している事を公の場で告白したのです。
ボランティアと言うと、人の為になる事を無料で奉仕する事のようなイメージが非常に強いかと思うのですが、本来のボランティアは、別に無料で奉仕するかどうかは特に関係ないようです。
このレーガン氏のように、同じエイズで苦しんでいたり、心細い思いをしている他人の励みになるように、本当なら隠しておきたい様な、自分の利益にはならないようなプライベートの事でも公表する行為もボランティアと呼ばれるのだそうです。
あまりそのような概念が無かったので、なるほどと心に残りました。



レーガン氏の告白は、とても笑える類の事ではありませんが、このアメトークなども、もちろんギャラをもらってカメラの前で話をしているのですが、広い意味ではボランティアと呼んでも良いのかも知れません。
仕事をしていれば、職場内で反省会など開かれる事もあるかも知れませんが、なかなか他人がどの様な事を反省しているのか聞く機会と言うのは無いものですよね。


以前、私は職場で、自分でもよくわからなかったり、少し自分では手に負えない様な事があった時でも、「平気な顔して仕事をこなせている」かの様に振る舞っていました。

ある時上司から、周りの人から見ると、君の態度は「きっと困っているに違いないのに、誰にも助けを求めようとしない偉そうにしてる奴」みたいに見えてしまっているよ。」

「君は何を考えているのかわからない絡み難い人に思われているよ」と言われて大いに反省した事があります。

虚勢を張るつもりはなかったのですが、もっと人に弱味を見せて、助けてもらっても良かったのです。

人に頼ると、その人に迷惑をかけてしまう様な気がしていたのです。


戦場でも無いのに、重たい鎧を着ていたら、疲れてしまうのは自分ですし、周りからも浮いてしまいます。

それからは意識して素直に「平気では無い」事や「反省している事」を人に伝えるようにする事にしました。

すると結構みんなも手を貸してくれたり、これ大変だよね~とコミュニケーションが円滑になったりしたものです。

はっきり言ってくれる上司がいた事を感謝しています。

反省のし過ぎも良くありませんが、自己反省も大切ですが、人前で自分が反省している事を伝える事はもっと大切なことの様に思います。

人によっては難しいことですが。


次回は、お笑いコンビ・ジャルジャルの反省です。




面白く読んで頂けた方はクリックして下さい!

にほんブログ村


心理カウンセラー ブログランキングへ

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム