退職後の傷病手当の受給について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

退職後の傷病手当の受給について

マネー 年金・社会保険 2009/06/20 18:11

お忙しいところ、恐れ入ります。
退職後の傷病手当の受給について伺いたいことがあり、
投稿させていただきました。

この度、以前傷病手当を受けていた病気が再発したため、
仕事を続けていくことが困難となり退職することになりました。
退職後も同じ病名での傷病手当を再度受給できるかどうかを、
保険組合の担当者に伺ったところ、一時的に業務に復職した状態である場合は、
受給できるかどうかは申請書を提出してもらってから判断しますと言われています。
まず、現在の状況について簡単に以下に記載させていただきますので、
似たようなケースで受給できた人もいるというようなことはないでしょうか。
また、確実に受給するための方法などありましたら、教えていただければと思います。

・H20.6月から9月末まで、傷病手当を受給。
※ 同年10月より、業務に復帰。
・復帰後も体調不良が続き、1〜2日の休みを繰り返す。
1月に1週間、5月に3日間と、
病気再発のため連続した休みも取っています。
・業務復帰期間は会社側からの給与を支給されているため、
傷病手当の支給は事実上停止。
・任意保険加入時の条件である、被保険者期間は1年以上加入済。
・医師からの労務不可という診断もあり(書類はありません)
・退職日までは、一応出勤しています。
※1〜2日の休みを繰り返しているため、
出勤日数は少ないです。

上記のようなケースで、退職後も傷病手当の再受給はできるのでしょうか。
(保険担当者からは、雇用保険の傷病手当の受給も考えてみては?と言われていますが…)
お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

ころろん。さん ( 神奈川県 / 女性 / 29歳 )

回答:1件

本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

退職後の傷病手当金

2009/06/21 01:31 詳細リンク
(4.0)

凄腕社労士 本田和盛です。

傷病手当金は、私傷病で労務に服することができる、報酬が低下した社会保険の被保険者の生活保障(所得保障)を目的とした健康保険の給付です。

この傷病手当金は実際に受給を開始した日から1年6ヶ月で支給が終了します。傷病が回復し労務に服することができる間は、傷病手当金は支給されませんが、かといって1年6ヶ月の支給期間が延長されることもありません。

会社を退職して、資格を喪失する日の前日までに継続して1年以上被保険者であった人は、資格を喪失した際に現に受けていた傷病手当金及び出産手当金を引き続き受けることができます。

よって1年以上会社勤めをして、退職時点で傷病手当金を受給している方は、国民健康保険に加入することになっても、健康保険の傷病手当金は受給できます。ただし、受け始めてから1年6月間が受給限度であることは変わりません。

また資格喪失した際に、現に給付を受けるか受給権者でなければならないので、「退職時疾病にかかっていても、会社に出勤して労務に服していれば、資格喪失後の傷病手当金の受給はできない(唱和31年2月29日保文発1590号)」ので注意が必要です。

医者が労務不能の診断をしているのですから、休業したらどうでしょうか?

評価・お礼

ころろん。さん

非常に分かりやすく的確でした。
ありがとうございました。

回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
(千葉県 / 経営コンサルタント)
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

ころろん。さん

受給権者について

2009/06/21 20:14 固定リンク

ご返答いただきありがとうございます。

休業についても会社側に話しましたが、
契約社員であり契約している業務がこなせないのであれば、
休業ではなく、退職という扱いにあると言われております。
そのため、休業という形がとれませんでした。

受給権者について、数点質問させていただきたいのですが、
具体的にどういう人が受給権者というのでしょうか。

>「退職時疾病にかかっていても、会社に出勤して労務に服していれば、資格喪失後の傷病手当金の受給はできない(唱和31年2月29日保文発1590号)」ので注意が必要です。

上記の場合、退職時点(例えば6月末の時点)で会社に出勤できていない状態であれば傷病手当を受給できるとということでしょうか。

たびたび申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

ころろん。さん (神奈川県/29歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

傷病手当金について 桂花さん  2009-08-14 19:30 回答1件
組合健康保険傷病手当金受給後の失業保険について まちつぐさん  2008-09-20 19:07 回答2件
退職後の保険 智恵8902さん  2009-08-20 19:48 回答1件
社会保険の任意継続について kaulanaさん  2009-06-11 10:16 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)