医療保険に入るべき? - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

医療保険に入るべき?

マネー 生命保険・医療保険 2009/06/09 00:53

私が30歳になるにあたり、医療保険加入を検討したものの、
色々と情報収集してみたところ、本当に入るべきか?と
悩んできましたので、ご意見頂戴できればと思います。

私:30歳 会社員 年収700万円 無保険
妻:28歳 専業主婦 無保険
貯蓄:1,500万円
手取り収入:月額30万円 支出:月額20万円
双方とも現在は健康。たばこも吸わず。

30歳になるにあたり保険加入を考えてみましたが、
会社の共済の医療給付の内容を確認すると以下の仕組みとなっていました。(70歳まで共済に継続加入可能)

・1レセプトあたり、3000円を超えると、超過分が給付される。
・個室に入った場合、1日4000円まで手当て。
・疾病手当て補助など。

他にも、高額療養費などもありますよね。

今後は子供が出来たり、自宅購入などの可能性があるため、貯蓄の目減りはあると思いますが、
地道に貯蓄を出来る性格な家庭なことと、各種給付を勘案すると、通常の医療保険はあまり重要と思えませんでした。

もし入るとすると、会社の団体保険で掛け捨ての生命保険とがん保険などの特約に入るので十分かなと考えています。

将来的な医療制度の変更や共済組合の制度変更などのリスクは考慮に入れつつも、現時点で考えられる最良のプランのアドバイスをお願いできればと思います。

Ma-Sannさん ( 神奈川県 / 男性 / 30歳 )

回答:9件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

医療保険に加入するかどうか?

2009/06/09 01:14 詳細リンク
(4.0)

Ma-Sann 様

この度はご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャル・プランナーの釜口です。
よろしくお願いいたします。

地道に貯蓄を出来る性格な家庭なことと、各種給付を勘案すると、通常の医療保険はあまり重要と思えませんでした。
→いいところに気付きましたね。
その通りです。

ご自身でリスクコントロールできるのであれば、民間の医療保険は加入しなくてもいい保険です。
入院日額1万円の終身医療保険に60歳払いでご加入されたとして、一番安い保険会社でも140万円は払います(大手生保でしたら、総支払保険料は200万円ほどになります)

現状の平均入院日数は約20日です。

一生涯で140万円の保険料の元を取ろうとすれば、一生涯で7回の入院をしなければいけません。

元を取れる人の方が圧倒的んび少ないのがMa-Sannであれば、お分かりいただけますよね。


ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com/

評価・お礼

Ma-Sannさん

御礼が遅くなり失礼しました。
迅速でわかりやすいアドバイスありがとうございました。

あくまで保険は慈善事業ではなく、商品であるという認識は忘れず、本当に必要なものを考えたいと思います。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
植森 宏昌 専門家

植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

- good

会社の共済について

2009/06/09 12:05 詳細リンク
(4.0)

はじめましてMa-Sann様、アイスビィの植森宏昌です。

ご相談内容を見させて頂く限り、現状では医療保険は余り必要では無い様に思います。
良く相談のあるのが共済加入者の方なのですが、普通の保険と違いますので退職後はどうなるのか等、今だけでは無く将来を含めた検討が必要かと思います。

ご自身が書かれている様に共済が70歳まで継続加入可能とした場合、平均寿命から考えたとしても、その後、約10年近くあります。私の経験上、今迄、元気な方が70歳以降に急に病気やケガで入院されるケースが多いのも事実です。今だけでは無く、長い人生の先を見据えてプランニングをお勧め致します。

実際に奥様の場合、ご主人様に不幸にももし何かがあった場合、会社の共済は継続できるのでしょうか?その辺りも、しっかりと調べた上で、総合的に検討される事をお勧め致します。

補足

お返事を頂き誠にありがとうございます。
ご自身やご家族にとって最も良い形をしっかりと検討される事が良いかと思います。
医療の現場や病気の方を抱えた御家庭の本当の姿を見てきている私の立場からすれば、御加入内容を含め検討される余地はまだまだあるかと思います。
ベストな内容になれば良いですね。

評価・お礼

Ma-Sannさん

御礼が遅くなり失礼しました。
迅速なご回答ありがとうございます。

私に万が一のことがあった場合は、共済は継続できないようです。
その場合のことはきちんと検討しようと思います。(生命保険や医療保険など)

回答専門家

植森 宏昌
植森 宏昌
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

植森 宏昌が提供する商品・サービス

セミナー

出産、マイホーム、老後などの人生設計

ご自身に合った最適な住宅ローンとは?

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

保険加入の件

2009/06/09 15:29 詳細リンク
(4.0)

Ma-Sannさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『地道に貯蓄をできる性格な仮定なことと、各種給付を勘案すると、通常の医療保険はあまり重要とは思えませんでした。』ということで、毎月しっかり貯蓄をすることができて、もし、入院などしても貯蓄の一部を取り崩すことで対処が可能ということでしたら、わざわざ医療保険などに加入する必要はありません。

毎月支払う医療保険の保険料相当額も毎月の貯蓄に充当するようにしてください。

医療保険の場合、入院や手術などで医療費用がかかり、保険金の請求ができなければ、何の役にも立ちません。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

補足

お役に立てて何よりでした。
また、高い評価をしていただき、ありがとうございました。

これからも分からないことがありましたら、ご相談ください。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

Ma-Sannさん

御礼が遅くなり失礼しました。
迅速なご回答ありがとうございます。

現在も貯蓄は堅実に進めています。
ただ、不測の事態で足りなくなる場合が見当が
付かないので心配です。
がんなどの病気の一般的な金額など調べてみたいと思います。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

最低限の備えも安心の一つの方法。

2009/06/09 22:32 詳細リンク
(4.0)

Ma-Sannさん
こんばんは。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

計画的な家計管理ができておられるようですね。

医療保険に関する疑問、よくわかります。
生命保険だけが病気に対する備えではないのはその通りです。また、所得税の医療費控除によって税金の還付を受けることも備えともいえます。

ただ、こんな考え方もできます。
・高度先進医療のように社会保険が使えない治療の場合、今の共済制度では多額の負担が必要になってきます。生命保険の高度先進医療特約を使うことで、とっさの時にも多額の負担をせずに治療の選択肢を増やすことができます。
・良好な治療環境を手に入れたい場合、医療保険の入院保障によって差額ベッド代などに備えることもできます。
・70歳以降は共済制度の加入ができないため、医療の備えが薄くなってしまいます。

これらの考え方に立った場合、日額5000円程度の入院保障、高度先進医療対応の終身医療保険というのが一つの方法になるように思われます。

評価・お礼

Ma-Sannさん

御礼が遅くなり失礼しました。
迅速なご回答ありがとうございます。

具体的な提案ありがとうございます。
高度先進医療の保険は検討してみたいと思います。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

一色 昭彦

一色 昭彦
保険アドバイザー

- good

短期の医療リスクよりも長期にわたる障害リスクを

2009/06/09 01:38 詳細リンク
(4.0)

こんにちは
東京eコンサルティングの一色と申します。

確かにおっしゃるとおりで短期の傷病などは
医療保険などなくても公的な保障や貯蓄などで十分まかなうことができると思います。
従いまして、そんなに大きなリスクではないでしょう。
とすると
何がリスクなんでしょうか?

貯蓄ができるのは、健康で働き続けられることが前提なんですよね。
働くことができなくなったら??

長期にわたっての所得減少リスクを仮に定年まで保障できる制度があれば
一番今ある大きなリスクを軽減できるのではないでしょうか?

長期の障害所得補償保険を検討してみてはいかがでしょうか?
精神疾患や交通事故で仕事ができなくなったり、脳の病気で字が書けなくなったりしたら?
所得の減少分を長期のわたって補償する保険制度です。
定年の60歳まで補償することもできますよ。

ぜひ、一度調べてみてください。

評価・お礼

Ma-Sannさん

御礼が遅くなり失礼しました。
迅速な回答ありがとうございます。

思わぬトラブルはつきものですよね。
長期の障害所得補償保険については、会社の団体保険にそのような記載があったので調べてみたいと思います。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

奥様の保険も・・・

2009/06/09 05:21 詳細リンク
(4.0)

はじめまして、ma-sannさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


今現在も緊急予備資金として貯蓄をされており、会社の共済の内容を理解された上で検討をされているようですね。
とても良いと思います。

会社の共済では、差額ベッド代も出るようですので家計への影響も少ないでしょうね。

最近では先進医療行為も増えてきましたので、先進医療に備えるの事をどこでしておくのか考えておかれた方が良いでしょうね。

また奥様が無保険という事ですが、奥様はma-sannさんの共済にも加入できないのでしょうか。
女性の方は女性特有の疾病も注意されておくと良いので、民間の生命保険で医療保険などに加入しておくのは良いと思います。

貯蓄に関しても今後の住宅購入なども考えられておられるので、いろんな検討をされると良いと思います。

お子様を授かった場合は、万が一の保障額は多くなりますので、また死亡保障を検討されると良いでしょう。

評価・お礼

Ma-Sannさん

御礼が遅くなり失礼しました。
迅速なご回答ありがとうございます。

妻も扶養に入っているため、共済の給付対象となっておりますので、その点は多少安心していますが、一応、他の保険もプラスで検討してみたいと思います。

なお、生命保険はおっしゃるとおり、子供を授かった場合にでも良いかなと思っています。


ファイナンシャルプランナー

- good

今だけでなく、退職後も視野に入れてみましょう

2009/06/09 07:16 詳細リンク
(4.0)

Ma-Sannさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

現状では医療保険の必要はないですね。
ただし、退職後の保険料も調べておきましょう。
共済は70歳まで継続できるとのことですが、それから先は?

現在30歳男性の平均余命は49.99歳、つまり平均でも80歳までは生きるということになります。
その時は貯蓄から賄うということであればいいでしょうが、保険がないというのは不安になるようです。

また奥さまに関してはご主人の会社の共済の場合
万が一の場合の保障はなくなります。
一般の医療保険で準備してはいかがでしょう?

会社のがん特約は何歳まで継続できるでしょうか?
特約ということは単体では加入できないのでしょうか?

がんへの備えも生涯あったほうが安心ですね。

今だけでなく、退職後、老後も考えて検討してみるといいでしょう。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

評価・お礼

Ma-Sannさん

御礼が遅くなり失礼しました。
迅速なご回答ありがとうございます。

70歳以降の備えについては、おっしゃるとおりですね。
ただ、その後の10年間のために、いまから終身の保険をかけていくのがイメージがしがたいです。
それは貯金てもいいかななどとも思ってしまいます。
もちろん、そのあとも長生きする可能性があるので、難しいところです・・・。
悩ましい・・・。


ma-sannさんの場合

2009/06/09 08:32 詳細リンク
(4.0)

ma-sannさん、はじめまして!
ファイナンシャルクリニックの本間と申します。

ma-sannさんの場合は、お勤め先の共済を
利用することにより、短期的な医療保障は必要はないかと思いますよ。
現在もしっかり、貯蓄もされていらっしゃいますので
貯蓄で対応可能と思われます。

しかし、健康で働き、継続的に収入があることが大前提となりますよね。
働くことが出来なくなる長期的なリスクも考え
長期所得補償保険などを検討されてみることをお勧め致します。
また、お子様が誕生されましたら、生活費・教育資金保障などの
死亡保障を検討されると宜しいと思います。

奥様の方は、私のコラムにもありますが
出産に伴う、医療保障は必要ではないかと思います。
60歳までに払い込みを終了させ、保障は一生涯という終身タイプなどを
検討されてはいかがでしょうか?


ファイナンシャルクリニックサービス

評価・お礼

Ma-Sannさん

御礼が遅くなり失礼しました。
迅速なご回答ありがとうございます。

会社の団体長期所得補償保険がありまして
内容を検討していますが、十分な給付を考えると
毎月3000円くらいかかってしまうようです。
高いのか安いのか・・・。


現時点で医療保険はいらないでしょう

2009/06/09 09:58 詳細リンク
(4.0)

Ma-Sannさん、こんにちは。総合保険代理店ファイナンシャルアソシエイツの藤井です。

現状の会社の共済の医療給付と、充分な手元資金を考えると、民間の医療保険は''必要ない''と思います。

将来に向けて、お子さんができ、家を購入する予定であれば、どちらかの時点で、必要な生命保険をお考えになっては如何でしょう。

今に内に何か!とお考えであれば、私は、終身保険とがん保険をお勧めします。今後お子さんができたら、教育費と生活費をカバーする収入保障保険や逓減定期保険などの掛け捨ての定期保険を加えるという考えが合理的かと思います。

家を購入して団体信用生命保険に加入すれば、その分の保障は差し引いて考える必要があります。

以上、少しでも参考にしていただければ幸いです。

<おまけ>
拙著ですが、『あなたの生命保険払いすぎ!』は何がしか参考になると思います。本屋にあれば店員に嫌がられないように立ち読みしてみてください。もちろん、購入してもらえればなお嬉しいです。

評価・お礼

Ma-Sannさん

御礼が遅くなり失礼しました。
迅速なご回答ありがとうございます。

家を購入して団体信用生命保険に入るということは、あまり知りませんでしたので調べてみます。
やはり、がん保険は前向きに検討ですね。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険トータルプランのアドバイスお願いします! モスコさん  2012-05-13 12:55 回答2件
夫の生命保険の更新について たかやさん  2010-07-16 15:26 回答3件
生命保険の新規契約内容について もぐもぐさん  2008-07-22 00:04 回答8件
生命保険の見直し monmon1206さん  2013-07-04 02:05 回答1件
長割終身と長割定期について ジュウザさん  2012-09-26 13:33 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)