住宅ローン控除の計算 - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン控除の計算

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/08/05 22:29

住宅ローン控除について質問です。

実際いくら控除されるのかをネットで調べてはみたものの、具体的な数値が出せません。

シミュレーションサイト↓でもやってみましたが、こちらは目安で、条件により違うのだと思います。
​http://www.misawa.co.jp/kodate/oyakudati/pop-up/simulation/cgi/kouj...​

■質問■
下記の場合、毎年いくら減額されるのか、教えてください。
--------
平成19年分 給与所得の源泉徴収票

3,588,429 支払金額
2,331,600 給与取得控除後の金額
755,734 取得控除の額の合計額
78,700 源泉徴収税額
375,734 社会保険料等の金額
--------
これ以外に申告する控除対象はありません。
新居への入居は今年12月です。
住宅ローンは2,500万35年です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

SPRING-AUTUMNさん ( 神奈川県 / 女性 / 27歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローン控除の件

2008/08/06 19:42 詳細リンク
(1.0)

SPRING-AUTUMNさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『下記の場合、毎年いくら減税されるのか教えてください。』につきまして、せっかくお問い合わせいただきましたが、ファイナンシャル・プランナーが具体的な税額に回答することは、法律でできません。

回答できるのは、税理士さんか税務署の職員となります。

オールアバウトにも税理士さんが登録していると思われますので、改めてそちらにお問い合わせいただくか、所轄の税務署で確認するようにしてください、

以上、あまりお役に立てませんでしたが、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

SPRING-AUTUMNさん

法律なんてあるんですね。
知りませんでした。
回答ありがとうございました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
大石 泉

大石 泉
ファイナンシャルプランナー

- good

●相談者の場合は、所得税額が住宅ローン控除の上限

2008/08/05 23:54 詳細リンク
(5.0)

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの大石泉です。

ご質問をありがとうございます。
年内の入居分までが対象となる住宅ローン控除ですが、
12月入居のSPRING-AUTUMNさんは適用期間内ですね。
面積等の住宅の条件もあるので、別途ご確認ください。

さて、住宅ローン控除の控除額は、住宅ローンの年末残高(2000万円以下が対象)に一定割合を掛けて計算した数字と所得税額とを比較して求めます。
両者のうち少ない方が控除額となります。

住宅ローン控除には、控除期間が10年と15年の2つのパターンがあり選択することができます。
どちらを選ぶかによって、控除全期間の最大控除額(160万円)は変わりませんが、以下のとおり、控除の割合が異なります。

''●控除期間10年の場合''
1年目から6年目まで1%、7年目から10年目まで0.5%。
初年度の控除額:2000万円×1%=20万円

''●控除期間15年の場合''
1年目から10年目まで0.6%、11年目から15年目まで0.4%
初年度の控除額:2000万円×0.6%=12万円

SPRING-AUTUMNさんの平成19年分の所得税額(源泉徴収税額)と上記の数字を比較すると、いずれも所得税額の方が少ないため、''控除額は78,700円''となります。

実際には、平成20年分の税額が基礎となるため、上記はあくまでも考え方の参考にしてください。
なお、2年目以降の控除額の計算も同様に、年末の住宅ローン残高(2000万円以下の部分)に一定割合(前述)を掛け算した数字と所得税額とを比較して求めます。

住宅ローン控除を受ける手続きですが、初年度は確定申告が必要です。
2年目以降はSPRING-AUTUMN さんのような給与所得者は年末調整で控除を受けることができます。

以上です。
参考になれば幸いです。

評価・お礼

SPRING-AUTUMNさん

とてもわかりやすい回答ありがとうございます!
すごく助かりました。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン控除について rakki-さん  2017-08-12 00:25 回答1件
確定申告について質問です ワサビさん  2009-02-07 10:33 回答2件
住宅ローン控除 転職・転居が伴い場合について legalegalegacyさん  2010-11-08 15:29 回答1件
住宅ローン控除(リフォーム代)について Sara27さん  2008-12-02 11:17 回答1件
住宅ローン控除を受けられないでしょうか カモミール1105さん  2008-02-23 11:42 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書など特典付)

住宅ローンを組んで住宅を購入するということは、人生最大の借金をすること。だから失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

年収400万円からの安心住宅購入術(提案書付)

年収400万円台の方の、無理のない住宅購入に向けた『資金計画』をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローンの借換えと生命保険の見直し個別相談会
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)