住宅ローンの選び方 - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの選び方

マネー 住宅資金・住宅ローン 2007/10/04 00:43

新築一戸建て物件を、4.000万円(諸経費込)で購入しました。頭金は2.500万、ローン1.500万と考えております。
家族構成は、主人32歳・年収450万、私32歳・年収350万、来月子供を一人出産予定です。出産後も私は働く予定です。
ローンの組み方ですが、35年全額変動か固定(フラット35)かで悩んでおります。主人は低金利の変動で出来るだけ繰り上げ返済をして早くローンを終わらそうと考えておりますが、今後の金利上昇を考えると固定にした方が妥当なのか悩みます。もしくは、両方を組み合わせた返済方法がベストでしょうか?
アドバイスお願いします。

かなでくんさん ( 大阪府 / 女性 / 32歳 )

回答:3件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローン選びの件

2007/10/04 09:58 詳細リンク

かなでくんさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『ローンの組み方...でしょうか?』につきまして、フラット35など、長期固定の場合、適用金利が短期固定・変動に比べて割高となってしまいますが、完済するまで返済額は変わらずに済みますので、将来のマネープランが立てやすくなります。

尚、短期固定や変動の場合、今のところ適用金利が安く済みますが、将来金利が上昇したときには返済額も多くなってしまいます。

住宅ローンの選び方につきましては、将来のマネープランが大きく影響してきます。

かなでくんさんのように出産後も共働きを続けるのでしたら、毎年のように繰り上げ返済も可能だと思われますので、変動または、金利上昇リスクをある程度回避するために、ミックス型でもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

住宅ローンの選び方

2007/10/04 11:10 詳細リンク

かなでくん さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。

今後、35年の長きにわたってのことになりますので、
一概に「どの金利がよい」「返済額が一番少ない借り方は」と言う説明は、
かなり難しいです。

なので、それぞれの金利のメリット・デメリットをご説明しますので、
ご自身の収支状況や、ライフプランに照らし合わせてご検討ください。


変動金利(短期固定)
・借入当初の金利(返済額)が少ない
・こまめに(毎年)繰上返済をする場合など効果的
・他の金利への変更ができる
・キャンペーンなどで金利優遇も多い
・今後の金利情勢のよって、返済額が増える場合もある


固定金利(長期固定)
・返済額が変わらないので、今後の計画がたてやすい
・金利が上昇しても大丈夫という安心感がある
・当面は利息の支払いが多く、元本の減りが少ない


変動と固定をミックスで借りる場合は、それぞれのメリット・デメリットが半分ずつ影響することになります。

かなでくん様の場合は、共稼ぎで年収に占めるお借入の割合もそれほど高くないので、奥様がお働きの間に、繰上返済をお考えでしたら変動金利を、
奥様が出産で一時的に、収入が途絶えるのがご心配なら固定金利をご選択してみてはいかがでしょうか。

以上、ご参考になりましたでしょうか
アドキャスト 藤森哲也

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

藤森 哲也が提供する商品・サービス

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

対面相談

住宅ローン相談

金利が0.5%違うだけで、返済額は違ってきます

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

変動金利はリスクがあります。

2007/10/04 15:41 詳細リンク

こんにちは。
?FPソリューションの辻畑と申します。

変動金利は6ヶ月に1回金利の見直しで5年に1回返済額の見直しがあります。現状のような経済情勢で変動金利を選ぶのはリスクが大きいです。下降幅より上昇幅のほうが大きいので。考えるのでしたら、短期の固定金利か長期の固定金利にするかを検討しましょう。
今後何年で完済する予定なのかにより変わってきます。
10年で完済可能でしたら、5年固定や7年固定などもいいでしょう。15年ぐらいで完済ならば10年固定ぐらいがいいでしょう。20年以上かかるのであればフラット35がいいですね。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅購入にあたっての住宅ローンについて misyunさん  2009-10-20 19:29 回答1件
住宅ローン控除の適用期間について トミー2532さん  2008-02-27 08:59 回答2件
住宅の購入について トトロトさん  2011-02-03 10:16 回答2件
フラット35、変動金利型、固定金利選択型 kiyokiyotodさん  2013-01-13 16:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書など特典付)

住宅ローンを組んで住宅を購入するということは、人生最大の借金をすること。だから失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

年収400万円からの安心住宅購入術(提案書付)

年収400万円台の方の、無理のない住宅購入に向けた『資金計画』をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローンの借換えと生命保険の見直し個別相談会
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)