遺族年金の受給資格 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺族年金の受給資格

マネー 年金・社会保険 2015/08/24 06:14

現在、年金受給している両親(父は元会社員・母は専業主婦)のうち、母だけを私の税法上の扶養にしています。(2世帯住宅で両親と同居)
この場合、将来に父が他界した際に、母が遺族年金受給資格を満たさず、受給できないことにならないでしょうか?
受給資格要件に『亡き配偶者と生計を一にしていること』と記されていることが、気がかりです。

税法上の扶養条件も『生計を一にしていること』とされているため、遺族年金のいうところの生計を一とみなされないのか? 戸籍上(実態もそうですが)夫婦であれば、問題ないのか?

ご面倒ですが、回答いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

BEANさん ( 東京都 / 男性 / 53歳 )

回答:1件

高橋 圭佑

高橋 圭佑
社会保険労務士・行政書士

- good

遺族年金の受給資格における「生計維持要件」の意味について

2015/08/29 20:48 詳細リンク
(5.0)

結論から申し上げますと、お母様は遺族厚生年金の受給資格を満たします。
ご両親が同居しており、お母様に年収850万円以上の収入が無いからです。
ご質問者様がお母様を税法上の扶養にしていても問題はありません。

遺族年金の受給要件には「生計を維持されていた」という要件があります。
これは、「生計を同一にしていること」および「収入(所得)が一定未満であること」の2つを満たしている必要があります。

1.生計を同一にしていること
ここが気がかりであった部分かと思います。
生計を同一にしているというのは、扶養関係にあることとイコールではありません。
同じ家計で生活をしているという意味であり、具体的には
原則:同居している(住民票の世帯や住所に関わらず、起居を共にし家計も同一であれば生計を同一にしているといえます)
例外:同居していなくても、仕送りなどで経済的援助などが行われている場合は生計を同一にしているとされます(例:下宿中の学生など)

ご両親は同居されているようですので、問題はないと考えられます。

2.収入(所得)が一定額未満であること
前年の収入が850万円(所得ベースでは655.5万円)未満であるか、それ以上であっても近い将来(5年程度)に収入850万円を下回ることが見込まれることが要件となっています。


以上となりますが、ご不明な点などあればまたご質問ください。
よろしくお願いいたします。

遺族厚生年金
生計維持
同居
受給資格
遺族年金

評価・お礼

BEANさん

2015/09/01 22:15

高橋先生

回答ありがとうございました。
『生計を一にする』という表記が曖昧すぎて悩んでおりましたが、
安心しました。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

難病指定を受けている母との世帯分離 染子さん  2017-04-17 21:42 回答1件
母親だけを扶養する mikiyauseさん  2015-11-09 11:22 回答1件
一時所得と扶養 千春さん  2015-03-06 22:35 回答1件
健康保険料、年金、確定申告について。 amaguri106さん  2017-01-19 18:53 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)