海外在住で日本向けのネットショップ起業 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

海外在住で日本向けのネットショップ起業

法人・ビジネス 独立開業 2014/10/24 16:45

こんにちは。
私は、フランス在住で、日本向けのネットショップを先日オープンさせました。
その起業手続きについて、いくつか教えていただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

まず、現状ですが、
実際の販売に関する業務はフランスに住む私が行っておりますが、
日本での諸手続きや、決済代行会社との契約など、日本での事務的業務は家族にやってもらっています。
代金の受け取りは、家族の口座、私の日本の口座。
支払いは、家族の口座(クレジットカードから)や私の日本の口座、又は私のフランスの口座から。
特定商取引に関する法律に基づく表示は家族の名前で表示しております。

当初、開業届出や納税は日本でと考えておりましたが、
その後、色々調べまして、メインで動いている私がフランスに居住していることやTVAの関係、又、いずれフランス国内での販売も視野に入れ始めたこともあり、やはりフランスで開業手続きや申告をしていく方向で行くことにしました。

でもそうしますと、サイトでは特定商取引に関する法律に基づく表示の代表者名など家族の名前になっておりますし(決済代行会社の取り決めで、日本に住民票のない私は条件に当てはまらず、家族の名前がふさわしい)、実際に金銭の動きがあるので、問題ないか心配しております。

こういった場合、どのような方法を取るのが最適なのでしょうか?

フランスで私が開業手届出をし、日本の家族は従業員とするのか?
(そして、日本では開業届けなどは出さずに家族が確定申告をすればよいのでしょうか?)

もしくは、当初の予定通り日本側に開業届出し、私が海外に派遣されている従業員とするのか?

もしくは、その他の方法があるのか?


色々と調べましたが、該当するケースが見当たらず、どのような方法を取るのが、間違いがないのか、教えていただきたく思います。

また、このようなシチュエーションにおいて、要注意事項があれば教えて頂けますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

Leriさん ( 愛知県 / 女性 / 35歳 )

回答:1件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

- good

フランスに拠点、日本は海外支店という形が考えられます

2014/11/26 20:38 詳細リンク

Leri様、こんにちは。

いくつかの質問に分けられると思いますので、それぞれ整理して回答します。

1.開業届の手続きについて。
現在のLeri様の状況では事業の拠点となる国・地域にのみ開業を届け出れば十分と考えられます。
今回の場合、事業の拠点はフランスとなりますので、Leri様がフランスで開業届を提出し、日本側は支店として事業所の登記のみを行い、日本支店の代表者は日本にいる家族とします。
この場合、日本での開業届は不要で、事業所(支店)の登記のみとなります。
なお、日本以外の国での開業につきましては、その国の開業の法規等があり、またその国の国民と日本人(外国人)とは開業の資格や手続き等が異なる可能性があることもご注意ください。

JETROのサイトにも、参考情報が掲載されておりましたので、ご紹介いたします。
(日本での拠点設立方法 - 対日投資情報 - ジェトロ)
https://www.jetro.go.jp/invest/setting_up/

2.家族の確定申告および法人税等について。
上記のように、フランスに拠点(本社)、日本に支店を設置するという前提ですが、日本におられるLeri様のご家族の方はフランスにある本社の従業員となります(支店は固有の法人格を持たず、本国(フランス)にある法人格の一部分となるため)。
確定申告、あるいは源泉徴収および年末調整は、ご家族分は日本で行う形となります。
これに付随する話となりますが、日本支店での所得に対する法人税等も発生しますのでご注意ください。

3.特定商取引に関する法律に基づく表記について。
特定商取引に関する法律施行規則(昭和五十一年十一月二十四日通商産業省令第八十九号)の第八条第二号にて、同法律で求められる代表者は、企業の代表取締役とは限らず、ネットショップ事業を行う業務の責任者でもよいとされております。

以下は消費者庁のページですが、下から2番目の
「事業者が法人であって、電子情報処理組織を使用する方法により広告をする場合には、当該販売業者等の代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名」に記載があります。
(通信販売広告について|消費生活安心ガイド)
http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204004.html

念のために、決済代行会社にも日本での業務責任者として家族の名前を表記することに了解を得ておいていただくと良いと思います。

最後になりましたが、Leri様がますますご活躍できますようお祈り申し上げます。

JETRO
通信販売
開業
法人
外国

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

開業について cuireさん  2016-05-30 03:33 回答1件
輸入輸出 Nadeさん  2021-07-26 05:34 回答1件
日韓の輸出入 tomopicaさん  2015-01-22 22:07 回答1件
海外在住中に個人ビジネスを始める際の税金について 555はなさん  2016-03-30 09:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

対面相談

創業融資支援サービス

スタートダッシュに欠かせない創業融資。認定経営革新等支援機関でもある、専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

電話相談 おひとりで悩まないでください!事業資金借入の電話相談
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)