会社より、パートから準社員にならないか? - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社より、パートから準社員にならないか?

マネー 年金・社会保険 2013/07/21 10:06

はじめまして、よろしくお願い致します。

私は、愛知県在住・58才です。60歳定年後、延長を考えています。
現在は、パートです。
時給、週25時間、年収120万位です。主人は、定年退職をしており、今現在は別居中ですが、何か仕事をしているようです。
二人共、国民年金を支払い、息子の社会保険の扶養になっております。

準社員になると、自分の計算上、時給、週40時間、年収160万位になると思います。また、健康保険・厚生年金の負担がありますが、現在支払っている国民年金の額で相殺できるのではないかと勝手に考えています。
単純に、厚生年金額が増えるので得かな?と考えておりますが、専門家の方からの
ご意見をお伺いさせていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

おでぶちゃんさん ( 愛知県 / 女性 / 57歳 )

回答:1件

松山 陽子

松山 陽子
ファイナンシャルプランナー

1 good

準社員になれるのは、よい話です

2013/07/22 00:43 詳細リンク

おでぶちゃん さん 初めまして
FPの松山陽子と申します。

準社員への登用の話、いいですね。それだけあなたの仕事ぶりが評価されているのでしょうね。

一般に、夫が会社員の場合は、国民年金の負担がないので、手取りを考えると「扶養」のままでと考える人が多いのですが、

あなたの場合は、どちみち国民年金を払う必要があるので、社会保険料の負担は、さほど増えません。そして自分で社会保険に入ると、次のような利点があります。

まず、おっしゃるように将来の年金額が増えます。60歳以降も厚生年金に加入すればさらに増えます。

次に、もし障害者になった場合の障害年金が、やや軽い障害でも対象になります。

さらに健康保険の被保険者になれば、もし病気やけがなどでしばらく休業することになっても、給料のおよそ2/3が傷病手当金として受け取れます。

以上を考えると、準社員になれるのは、よい話だと思います。どうぞ、職場の期待に応えてください。

不明な点があれば、またお尋ねくださいね。

障害年金
厚生年金
健康保険

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

パート収入と国民健康保険について。 おおくまさん  2008-11-13 16:52 回答2件
世帯分離について教えて下さい 梓さん  2010-06-12 11:07 回答2件
時給アップと社会保険加入とどちらが良いでしょうか OKAPHIRさん  2010-01-26 20:54 回答1件
主人が退職したときの社会保険について panchan_110さん  2014-08-07 19:13 回答1件
今のまま国保か?社会保険に切り替えるか? えさきんぐさん  2013-08-21 20:06 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)