相当の理由が有れば、本契約は延期または中止できます。 - 野口 豊一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

野口 豊一 専門家

野口 豊一
不動産コンサルタント、FP

- good

相当の理由が有れば、本契約は延期または中止できます。

2017/05/25 12:10

不動産コンサルタント&FP 野口です。

koganemushi様が、本契約の前に契約したとされる契約の位置付け、内容等が判りませんので
確定的な事は、申し上げれませんが、一般的の不動産の売買には、広告やネットで買主が、買いたい物件が有れば、仲介会社を通じて、詳細資料や物件内覧を行い、条件等が合えば買い意向を伝え、売主に伝えるため、「買申込書」を差し出します。
この買申込書の中に主要な買条件を記します。当然、本契約=「不動産売買契約」の締結日、
決済予定日などを記します。

koganemushi様が、述べておられる「本契約の前に契約した」とされる「契約書」はこの「買申込書」に当たるのでしょう。

この契約書に本契約日の期日が記されている期日を延期する場合に、「居住中」のため内部の十分な点検が出来ていない。

不動産の専門家などを同行を拒否するなどは、よほど売る側の都合が悪い事を隠したい意図が見えてきます。

これらの条件が、満たされない限り、本契約の延期、又は本契約の拒否をする事は、何らの不都合がは有りません。

当然、延期、申込み取消のための損害金を支払う事は有りません。

売主側に立った「仲介会社」に対して「買主側」に立った不動産会社に依頼するのが良いでしょう。

 契約書の内容等個別の事は、こちらからお願いいたします。

    http://www.iriscon.co.jp

koganemushi様の快適な売買を祈ります。

拒否
契約書
損害

回答専門家

野口 豊一
野口 豊一
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
代表取締役
03-3358-9777
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不動産の売買、投資をFPの視点よりコンサルタント

独立系のFP、不動産業者とは一線を画し常に第3者の観点からコンサルタント、長年のキャリアと実践て培った経験をを生かします。法律、経済、税務など多角的に論理整然とし、これを実践で生かします。誰にも負けない「誠実性」「洞察力」を発揮します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

不動産本契約の延期につきまして

住宅・不動産 不動産売買 2017/05/24 10:39

中古マンションを購入することになりました。
売主の方は現在住まわれています。

購入を決める前に不動産会社の営業の方と、ちらっとだけ室内を見せていただきました。
購入を決め、もう一度き… [続きを読む]

koganemushiさん (石川県/32歳/男性)

このQ&Aの回答

売買契約の延期などについて 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2017/05/25 11:28

このQ&Aに類似したQ&A

新築マンション購入について ともふみさん  2016-03-13 21:59 回答1件
購入した土地の越境が原因でローンの承認が… hukuさんさん  2015-06-17 17:45 回答1件
新築建売住宅の購入申込後のキャンセルについて dekopon39さん  2017-06-28 17:50 回答2件
市街化調整区域の土地建物購入について ななみなさん  2017-02-09 09:09 回答1件
手付解除の際の仲介手数料について bch0825さん  2017-01-22 10:31 回答1件