中古マンション購入申込み後のキャンセルについて - 不動産売買 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中古マンション購入申込み後のキャンセルについて

住宅・不動産 不動産売買 2018/06/05 03:38

長文失礼いたします。

先週の土曜日(6/2)、不動産会社の担当者が自宅に訪問してきて、その時に中古マンションの購入申し込みをしてしまいました。
途中で断りたかったのですが、担当者の圧力により断るに断れず・・
訪問を許してしまったこと、勇気を持って断れずに申込書を書いてしまったこと等、私に落ち度があるのは重々承知しておりますが
契約する訳にはいかず、申し込みをキャンセルしたいです。

ただ、(先週土曜日に)担当者曰く「来週平日は社員旅行のため電話に出れない」との事で、キャンセルを伝えるには今週の土曜日(6/9)に伝えざるを得ません。
(社員旅行が本当かは分かりませんが、そう言っている以上は平日に電話しても出てくれなさそうです)

土曜日に電話してキャンセルに応じてくれればそれで済むのですが、購入申し込み時の圧力からするとそうはいかない気がします。
キャンセルに応じてもらえない場合、不動産相談窓口や宅建協会などに相談しようにも土日休みで月曜まで対応できません。
キャンセルに応じてもらえないばかりか、自宅まで押しかけてきて説得しようとしてきたり、契約を要求される可能性もあると思うと今から精神的に不安になります。

そこでいくつかご質問(ご相談)させていただきたいのですが
・購入申し込みのキャンセルは、何をもって成立するのでしょうか?
電話連絡し不動産業者が了承すればOKでしょうか。もしくは直に会ってのキャンセル書類記入を要求された場合、それに応じないと成立しないのでしょうか(担当者とは、出来れば対面したくありません)
・キャンセルに応じてくれず、自宅に押し掛けてき場合はどうするのが良いと思われるでしょうか
不動産相談窓口など空いておらず、土日に相談できる相手が思いつきません

tatakiさん ( 神奈川県 / 男性 / 33歳 )

回答:2件

佛坂 好信 専門家

佛坂 好信
不動産コンサルタント

- good

勇気を持って断りましょう!

2018/06/05 04:23 詳細リンク
(5.0)

tataki様 はじめまして、タカラシンコーの佛坂と申します。

毅然とした態度で断ってください。不動産は高い買い物ですから、申し込み=購入とはならないものです。
通常は、不動産売買契約書と重要事項説明書の読み合わせを行った上で、手付金の授受があるのが通例です。
不在とのことですが、FAXやメールがあるはずですのでキャンセルの意思を伝えましょう。
金銭(申し込み金)の授受がなければ、特段書類を交わすものではありません。
相変わらず、勢いだけで仕事する方達がこの業界に少なからず生息するのがわかり残念です。
基本は、会うことはしないのが賢明です。
申し込み金の授受があっても返金は、振込をお願いすれば用は足りるはずです。
買わないことは、買わないと結城をもって意思表示してください。

返金
不動産売買契約
キャンセル
重要事項説明書

評価・お礼

tatakiさん

2018/06/06 00:15

ご回答ありがとうございます。

申し込み金(10万)も支払っていましたので、キャンセル連絡したとしても、返金時には対面しなければならないと思い、その点も不安でした。

直接会う必要がないとのことで安心しました。
何とか、勇気をもってキャンセルの意思を貫き通したいと思います。
ありがとうございました。

佛坂 好信

2018/06/06 21:23

tataki様 評価をいただきまして誠にありがとうございます。
とにかく会わずにキャンセルの処理をして下さい。
この手の業者は、基本的に口と威圧感で何とかしようとしてくるはずです。
お話しが進まないようでしたら、その不動産業者の免許が、知事免許か国土交通大臣の免許ですのでその免許権者に相談して下さい。
どちらにも不動産業課などの窓口がありますので、まずは電話でご相談下さい。
しっかりと対応していただけると思います。頑張って下さい。

回答専門家

佛坂 好信
佛坂 好信
(東京都 / 不動産コンサルタント)
タカラシンコー 取締役
042-587-5887
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様が「本当に納得できる不動産取引」をめざして。

基本は、「お客様第一」です。不動産取引は、永いお付き合いになります。ライフスタイルの変化などの住み替えやリフォーム等のご相談をさせていただいております。お客様の立場・視点で考えてアドバイスさせていただいております。

佛坂 好信が提供する商品・サービス

対面相談

任意売却無料相談

ご予約無料ご相談会

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

購入申込後のキャンセルについて

2018/06/05 10:29 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
tataki様、精神的な不安やストレスのかかる日々をお過ごしと察します。
ご質問いただきました件ですが、キャンセルは電話で意思表示をすれば足ります。
売主や仲介業者から訴えられることも、ペナルティや金銭の要求、支払い義務が
生じることも一切ありませんので、ご安心下さい。

ただし、tataki様が不安を抱いているような営業は確かに想定できます。
ノルマが厳しい業者や、契約までのプロセスにお客様目線をまったく考慮しない
姿勢の業者を現在でもたまに見受けますが、そのような業者であれば、一度説得に
応じたtataki様に対しては、圧力をかければキャンセルの取り下げも可能と考えたり、
再度キャンセルを申し出る前に契約まで済ませるくらいの目論見で来られる可能性も
予見できます。

申し込みだけであれば、キャンセルすることに特段書面の取り交わしや接見する
必要はありませんので、お会いになることは避けるべきではないかと思います。

社員旅行といっても、一部の社員は出社している可能性はありますので、
まずは電話をしてみては如何でしょう。
他にもメールやFAX、郵便など方法はございます。

注意点としましては、見ていない、聞いていない、届いていなとはぐらかし、
とにかく会って説得を試みられることかと思います。
電話であれば録音及び録画、メールやFAXについても送信した旨及び
届いていることの確認電話を録音録画、郵便であれば若干の費用負担が
ありますが、内容証明かつ配達証明で送れば、郵便局による内容の確認証明と
相手先に届けたことの証明ができますので、届いていない、見ていない等の
言い訳防止になります。

そういった電話、郵便などにはキャンセルする旨と合わせて、申し込みに
応じた背景として高圧的な営業に押し切られてしまったこと、追客等の
訪問や電話は一切お断りすること、それらがあった場合は特定行政庁などへ
相談に行くようアドバイスも受けおりそのつもりでいることも記載し、
最後に、当初からきっぱりと断ればよかったものの、契約の意思が無いにも
関わらず、勢いに押されたとはいえキャンセルするつもりの申し込みに
一時は記名し、今回このようなお手間を取らせたことは申し訳ないという、
大人としての常識的な陳謝かつ元々購入意思がなかった旨の表示も行って
おくと良いかと思います。

仮に訪問や電話があっても、悪質性が確認しやすくなりますので、
万一、行政や専門家に相談する際にも弁護の良い材料になるかと
思います。


内容証明及び配達証明郵便であれば、平日でも発送できますし、
相手方がいるときに間違いなく渡されます。
どうしても電話で意見を言うことに不安があるようであれば、
数千円の費用負担を勉強代とおもって、そういった方法で
必要な内容を確実に、ストレスなく伝えてキャンセルする
こともできますので、ご検討してみては如何でしょう。


宅建業者として信用を欠く営業方針に、大きな不安をお察しますが、
tataki様の精神的なストレスの軽減に役立つアドバイスとなれば幸いです。
以上、ご参考になりましたでしょうか。
アドキャスト:http://ad-cast.co.jp/ 藤森哲也

仲介業者
宅建業者
キャンセル
コンサルティング
不動産

評価・お礼

tatakiさん

2018/06/06 00:25

ご回答ありがとうございます。
配達証明郵便など、いろいろな方法をご教示いただき、大変参考になりました。

直接会ってしまうと、この前と同じような展開に持っていかれそうで不安のため
会わずにキャンセルの意思を伝えられる方法で検討したいと思います。
ありがとうございました。

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

藤森 哲也が提供する商品・サービス

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

対面相談

住宅ローン相談

金利が0.5%違うだけで、返済額は違ってきます

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

新築建売住宅の購入申込後のキャンセルについて dekopon39さん  2017-06-28 17:50 回答2件
セットバックいるいらないで錯綜 らららんらんさん  2017-12-02 05:20 回答2件
中古マンションの決済日の遅れ シマりすさん  2017-11-22 11:58 回答1件
土地契約後の自己都合キャンセルについて あけささん  2015-02-19 16:29 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談

住宅購入相談コンサルティング

これから住宅を購入する方にアドバイスをします

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談 新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
対面相談 不動産を高額スピード売却したい方
梅谷 晃司
(不動産コンサルタント・FP)