間食について - 渡邊 亜紀子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ダイエット

扁鶺(へんせき)

回答数: 1件

朝と晩体重差

回答数: 3件

筋肉痛と体重

回答数: 1件

閲覧数順 2017年10月22日更新

渡邊 亜紀子 専門家

渡邊 亜紀子
スポーツトレーナー

- good

間食について

2016/11/10 14:47
(
1.0
)

まーいさん はじめまして。渡邊と申します。

質問に他の先生が丁寧に答えて下さっているところに、返答するのも…と躊躇いたしましたが
気になるところがあったので返答させて頂きました。

まず
>運動していない人でもこんなに体脂肪ある人いないのに、どうして運動している私がこんなに体脂肪があるのか不思議です。
とありますね。

今回の食事内容を見る限りですが、制限される前はどのくらい食べていたのでしょうか?
体脂肪は蓄積です。長い期間かけて積もっていくイメージです。

運動していなくて体脂肪少ない人はだいたいがもともと少食です。また太りやすい食べ物がもともと嫌いなことも多いです。
また、運動してなくても細々動く人も多いです(じっとしていられない性格の人も多いです)
わりとアクティブな人も多いですね。

ご自身のライフスタイルを検証してみたらいかがでしょうか?
他人と比べても答えはでないと思います。


肝心の食事内容ですが
間食が多いように思います。
特に気になるのが、朝食後の間食と夕食後の間食です。

朝食から昼食にかけて我慢できないようであれば、朝食に糖質を取るべきだと思います。
お腹より脳が必要としてるのではないでしょうか?

夕食後の間食は止めるべきです。
特に夕食をしっかり取っているようですし、寝るだけなので必要性は感じません(夜勤の仕事をしているのであれば別ですが)

いろんな考え方がありますが
例えば朝食は食べないとか昼食を食べないとさ
昼間に仕事や勉強をして、夜は眠る生活をしているのであれば、夕食を軽めに早い時間に済ますのが私は一番オススメです。

基本的に糖質を全く摂らないのは勧められませんが、夕食は摂らないもしくは軽めにするのがいいと思います。

運動しているなら、食べるお茶碗を小さくするだけでも効果はあります。

これからの季節は寒くなりますし、お鍋がオススメです。
ゆっくり食べられますから満腹感も得られますし、身体も温まります。
野菜や魚、お肉でもいろいろ楽しめます。
なるべく野菜やきのこ類、こんにゃくなど活用してみて下さい。

また調味料は意外とカロリー計算に入れるのを忘れがちなのです。
アッサリめの献立にしましょう。


まーいさんが体脂肪を気にされていらっしゃるのは良いことだと思います。
体重にこだわるだけだと筋肉量だけが減ってしまい、後々別な問題が出てくることも多いからです。
すぐには結果はついてこないかもしれませんが、身体が慣れてくれば減りだしてくると思います。


ちなみに
簡単に体脂肪を落とすのは食べないことです。
あっという間に減りますが、すぐにリバウンドします。
その時は筋肉量も減っていますので、ダイエットはだんだん困難なものになります。
またダイエットを繰り返すと肝臓に負担がかかることが知られてきています。

カロリー
ライフスタイル
ダイエット

評価・お礼

まーい さん

2016/11/11 00:10

ご丁寧な返信ありがとうございます!!なるほど!やはり、間食がいけないなですねどうしてもお腹空く場合はチーズにします!
この生活ですぐに痩せるということはないのですね、、身体が慣れてきて痩せるということを初めて知りました!もう少し頑張ります!!

先生はトレーナーさんでいらっしゃると拝見しました!
度々質問なのですが、私はごく一般の人より毎日運動をしています。家でもトレーニングをしようと思うのですが、ジムと同じような減量効果が得られるトレーニングがあれば教えていただきたいです。ちなみにダンベルは購入しました!

渡邊 亜紀子

2016/11/15 12:26

評価・コメントありがとうございます。

あまりお力になれなくて申し訳なかったです。

ダイエットは継続することが一番ツラいと思います。
成功をお祈りしております。

回答専門家

渡邊 亜紀子
渡邊 亜紀子
( 東京都 / スポーツトレーナー )
Lycka till
090-3515-7384
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

運動が苦手な方でも安心です。神経トレーニングで身体調整。

リハビリテーションの一環として使われるPNFを、アスリートやダンサーのトレーニング・身体調整法として発展させたのがPNFトレーニングです。運動が苦手な方でも少しづつ神経トレーニングすることで、無理なく身体を調整できます。動きは地味です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

原因

美容・ファッション ダイエット 2016/11/09 23:56

この食事メニューでなにが減らない原因でしょうか??

朝:野菜炒め
間食:チョコ一つ
昼:野菜スープ多め
ゆで卵2つ
糖質オフヨーグルト
間食:糖質オフパン
夜:カレーライス
大根の煮付け
間食:野菜炒め

トータルの… [続きを読む]

まーいさん

このQ&Aの回答

精神的なものにも目を向け、自分のイメージを変える 大園 エリカ(ダンスインストラクター) 2016/11/11 08:50

このQ&Aに類似したQ&A

受験生のダイエットについて M。(えむまる)さん  2017-05-21 16:41 回答1件
高校2年女子です。 ユズさん  2017-04-06 18:11 回答1件
障害者のダイエットについて! Papamadamuさん  2016-09-03 01:21 回答2件
糖分欲求 M。(えむまる)さん  2017-07-12 17:32 回答1件
痩せたいです。 たんみんさん  2016-08-31 16:54 回答2件