プレッシャーは自分で生み出したもの!◎無敗脳ヨガ道場◎ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレッシャーは自分で生み出したもの!◎無敗脳ヨガ道場◎

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

無敗脳ヨガ道場の辻です。



ストレスレッシャーは、本来存在しません。



なぜなら、それは人が勝手に生み出したものだからです。



では、これらはいつ生まれるのでしょうか?



それは、起こった出来事や、これから起きるだろう出来事に対して、


その人が、「嬉しいな」とか「嫌だな」と評価した瞬間に生まれます。



当然、「嫌だな」と思えばその人にとってその出来事はストレスになります。



試合であれば、プレッシャーが湧いてきた瞬間などがそうですね。



このプレッシャーを「嫌なもの」としてそのアスリートが評価してしまうと、


プレッシャーがどんどん膨れ上がっていきます。



そして、慌てて呼吸法をして気分を落ち着かせようとしますが、


なかなかうまくいかず、さらにプレッシャーが大きくなっていく…


典型的なプレッシャーに飲み込まれていくパターンですね。



これを無理矢理ポジティブなイメージに書き換えようとするのが今のメンタルトレーニングのやり方です。



この方法の場合、スピーディーな試合展開では間に合わなといえます。



なぜなら、

脳の中では、一旦プレッシャーとして処理されるからです。



そこから無理やりポジティブな方向に気分を持っていこうとするにはそれなりのエネルギーと時間を要します



これなら、

はじめからプレッシャーを感じない脳をつくっておく方が実践的だと思いませんか?



簡単です。



ただ、起こった出来事に対して「良い」とか「悪い」とかの評価を下さなければいいだけですので…



そうすれば、その出来事は単なる現象としてその人の前から消え去っていきます。



普段から、こういう評価付け(ラベル付け)をしない心の習慣を持っているだけで


「ここ一番」でプレッシャーが湧いてきても放っておけるようになります。



本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。


東京都 港区 田町【無敗脳ヨガ道場】辻でした。

このコラムに類似したコラム

『月刊 秘伝8月号』~精神力の磨き方~「無敗脳ヨガ」特集! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/07/17 22:47)

『第41回日本バイオフィードバック学会学術総会』 in 鎌倉女子大学 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/07/01 19:43)

打たれ強くなる「脳」の習慣 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/19 21:57)

体温とメンタルの関係 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/04/12 22:35)

ストレスを引きずる人と引きずらない人 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/04/02 06:00)