「経常収支、31年ぶり赤字!?」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「経常収支、31年ぶり赤字!?」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

さて、財務省の2012年度上半期(4-9月)の国際収支速報によれば、経常収支が2兆7214億円と、現行の統計開始以来“最少の黒字幅”となりました。

 

また、9月単月の経常収支では、季節調整済みで1420億円の赤字となり、1981年3月以来、“31年半ぶりの経常赤字”となっています。

 

主要因は、欧州債務問題や中国との関係悪化により、輸出が大きく落ち込んだ中、原発問題の影響で、液化天然ガスなどの輸入が急増していることが挙げられます。

 

上期全体でみると、輸出から輸入を引いた貿易収支の赤字幅が、2兆6191億円の赤字となっています。

また、旅行や輸送のサービス収支は、1兆6791億円のマイナスです。

 

そして、上記の貿易収支、サービス収支を補って、経常収支を黒字に保てているのは、7兆5024億円の黒字となっている所得収支の“お陰”と言えます。

 

所得収支とは、主に企業が海外から受け取る配当や利子などを指しています。ただ、今後は、日本の個人投資家にも、企業を見習い、海外での所得を得て頂きたいというのが、私の考えです。

 

そうすれば、「円高の抑制」、「所得収支の増加」、「個人の所得増加」と、そのメリットは大きいからです。

 

現在は、経常収支は黒字ではありますが、このまま貿易赤字が拡大してくると、いずれは経常収支も「赤字」となる可能性も否定はできません。

 

そうなれば、国の必要な資金を国外から調達しなければならなくなります。

現在の日本国内は、ただでさえ財政赤字が拡大しているため、金利の上昇は避けらなくなるでしょう。

結果、国債暴落、財政破たんといった最悪なシナリオも見え隠れし始めます。

 

今回、オバマ氏が大統領になったことで、まだ当分は、日本からの輸出に打撃を与える「円高」が続きそうです。

 

手が打てるうちに打っておかないと、選択肢が無くなってからではどうしようもありません。

いまこそ、“リスクマネジメント”を徹底させる時ですね。

 

では、今週末も頑張っていきましょう!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「長期国債保有、紙幣の発行残高を超える!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/08/17 14:03)

「一人当たり818万円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/08/15 12:53)

「2013年度、経常収支“過去最低”に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/05/16 17:04)

アメリカ経済の台風が取り合えず通り去った 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/17 08:25)

アメリカ経済の台風が取り合えず通り去った 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/17 08:25)