ゴルフで効率的にパワーを伝えるための下半身のエクササイズ - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルフで効率的にパワーを伝えるための下半身のエクササイズ

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス&ゴルフレッスン

こんにちは。ゴルコア/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

先週12日(土)にハワイ在住のLPGAティーチングプロの久仁子プロと「Golf Pilates and Virtual Golf Lesson」ワーク所ぷを開催しました。

今回のテーマは「飛距離アップ」

第1回目は、「グランド・フォース」を最大限に利用した下半身のトレーニングがテーマでした。

グランド・フォース=下半身(フットワーク)によってパワーが創出されるという意味で、バックスイングからインパクトにかけての体重移動時に下半身がしっかり地面とつながっていることによって、パワーの漏出を防ぎ、ボールに伝えることが出来ます。

そのために、股関節まわりはもちろん、足の指や足首などの柔軟性が必須となります。

特に地面とつながる足の指や足首は、カラダの土台にもなるゴルフにとって最も大切な部分です。

コラムでもすでに何度も足首や足指のエクササイズをご紹介しておりますが、さらにケアとエクササイズが必要です!

 

足首に加えて、大腿部の内側、内転筋もパワーを逃さないためにはとても必要な筋肉です。

昔でいう右の壁=内転筋ですね。

多くのゴルファーは大腿部の外側(大腿筋膜張筋)で頑張ってしまいがち。もちろん外側の筋肉も大切ですが、パワーを受け止めて逃がさないようにするには、やはり内側の内転筋を鍛えることをお勧めします。

 

早速簡単なトレーニングをご紹介しましょう。

<アダクション(ニュートラル/Cカーブ)>

仰向けに寝て、膝を立て、ニュートラルポジションをつくります。

大腿部にスモールボールを挟んで、お腹の内側(骨盤底筋)を意識しながら、ボールを10回プッシュしてみましょう。

これでもしっかり内転筋のトレーニングになります。

さらにお腹を背中の方に引き込んでCカーブを作り、同じようにボールを内転筋で10回プッシュ。

 

ゴルファーでない、女性にも太ももの内側を鍛えるのにお薦めのトレーニングです。10回を3セット、毎日行ってみてください!

飛距離アップを目指して日々頑張りましょう!!

 

WSの模様はこちらをご参照ください。

 

 

 

このコラムに類似したコラム

【月刊ゴルフダイジェスト5月号】「仕事中でも「ながら」でちょいトレ!」-電車編 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/03/24 23:01)

第26回ゴルコアコンペ大日向GC-ゴルフ合宿 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/09/03 20:07)

ゴルフピラティスワークショップ-「ミート率アップ」-コア(お腹)その3 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/28 16:28)

ゴルフピラティスワークショップ-「飛距離アップ」 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/05/20 22:40)

5/25(土)開催「Golf Pilates & Virtual Golf Lesson」-テーマは「飛距離アップ」 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/05/16 17:49)