子供とのコミュニケーション その3 愛情 怖れ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供とのコミュニケーション その3 愛情 怖れ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
子供の住環境を考える 子供とのコミュニケーション
親子のコミュニケーションでとても重要なポイントがあります。

それは「子供に愛情を投げかけてしゃべっているか?」それとも''「子供に怖れや不安を与えてしゃべっているか?」''です。

もう少し具体的に言うと愛情を投げかけるというのは、心に安心感が生まれる会話の形態。怖れや不安を与えるというもは言葉そのままで、怖れや不安が生まれる会話の形態です。

前回の親子の会話でいうと、Aは不安などが主体になっていることに気づいていただけるでしょう。それに対してBは心に安心感が生まれるイメージが出来るのではないでしょうか?

またAのようなコミュニケーションをつづけると、子供の心は不安でいっぱいになってきます。

「不安定な世の中なんだから、ある程度不安な要素を知っておかないとこの世の中やっていけないわ!」と思われる方もいると思います。

しかし、家づくりに幸せに成功している家族の多くの親子の会話はBのような愛情をベースにしたコミュニケーションで成り立っている事から考えると一考の余地はあるように思います。

まずは子供とのコミュニケーションにおいて、「自分は子供に対して愛情OR怖れのどちらから発信しているか?」を感じてみてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「子供の住環境を考える」のコラム