子供とのコミュニケーション その2 (後半) - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供とのコミュニケーション その2 (後半)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
子供の住環境を考える 子供とのコミュニケーション
(前半は)http://profile.ne.jp/ask/column_detail.php/20729

(後半です)

「Bのように答えてあげたいけど、実際にはAかな」
 ・・という声が多くの方から聞えてきそうです。

確かに、わが子のことを思うと、そんな場所で遊んでいる事が気になり、そこを注意したくなるものです。そして親として「子を守る」のが一番大切だという認識がそれをさらに促してしまいます。

しかし、この会話の内容をよくよくご覧になっていただきたいのですが、このAの受け答えは、夫婦のコミュニケーションでお話した「問題解決型」の一種だということに気がつきませんか?
 ※夫婦のコミュニケーションについては既存コラムをご覧くださいね

娘の言葉は「たっくんが怪我をして助けたいと思った」「人に優しくできた」という愛情溢れる部分からでたものです。そしてお母さんにそれを知ってほしいという気持ちがあるのです。

ですので、この場合は愛情から答えるコミュニケーションを意識したBのような気持ちが重要になってきます。

次回さらに詳しくお話しますが、コミュニケーションの内容には「愛OR怖れ」という2つがあることを覚えておいてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「子供の住環境を考える」のコラム