お料理に合わせた塩を使って味わいランクアップ - 料理・クッキング全般 - 専門家プロファイル

株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家
東京都
料理講師
03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お料理に合わせた塩を使って味わいランクアップ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理・クッキング全般
よい食材を考え、選ぶこと

こんばんは、高窪です。
今日もはっきりせず肌寒い一日ですね。
みなさま、いかがおすごしですか?

さて、今週末に北海道の生産者さんのところへ行ってきます。
その時に作るお料理用に、ごく一部の調味料を持って行くのですが、今日はその買い出しをしてきました。

近所では販売していない手ごろな価格のイタリアのシチリア海塩やボリビアの岩塩などの塩も、ちょうど切らしていて持って行く必要があったのです。

私にとって塩は大切な調味料。
料理によって、さまざまな塩を使い分けています。

まず大雑把な分け方として、和食には日本の塩、洋食には輸入塩。
この大前提のあとで、それぞれの調理方法や食材によって、自分で試して最適だと判断した塩を使っています。

写真の塩は、今まで試したり、いただいたりした塩のごくごく一部。
みなさまも、お気に入りの塩を探してみてくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 料理講師)
株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家

気軽に作れ美味しく元気になる完全無添加・100%天然素材家庭料理

お料理も、食べるのも気軽に楽しく、そして元気に!アトピー体質の自分の身体と向き合い、楽しみながらお料理して命をいただいた実体験から生まれた、本当に美味しくて元気になる100%天然素材家庭料理が、クッキングサロンM&Yのお料理教室のコンセプトです。

03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「よい食材を考え、選ぶこと」のコラム

このコラムに類似したコラム

「おだし」は和食の基本であることを忘れずに 高窪 美穂子 - 料理講師(2011/11/21 23:00)

ポワローの美味しい季節 塚本 有紀 - 料理講師(2014/01/12 19:30)

にっぽんの朝 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/09/27 09:42)

食紀行 フランス編④ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/08/04 21:09)

食紀行 フランス編③ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/08/04 21:04)