評価証明(公課証明)とは? - 不動産売却 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

評価証明(公課証明)とは?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売却

一般の人はあまり目にする機会はないと思いますが、

不動産の税金上の評価額が記載された書面のことを


「評価証明」


と言います。

この書面に記載されている税額に固定資産税率の1.4%と、

都市計画税の0.3%をかけた金額が、


「固定資産税」


として1月1日時点の所有者に、

納税通知書が届くことになります。


物件引き渡し時に、

売主・買主の間で固定資産税額も日割精算します。

納税通知書を売主さんが保管していれば、

通知書に記載されている金額で精算すれば済むのですが、

紛失してしまっている場合も良くあります。


その場合は評価証明から納税額を算出しなければいけません。

たいして面倒な計算ではないですが、

万が一計算ミスなどしたらやっかいです。


そこで評価証明と同じもので



「公課証明」


という書面もあります。

評価証明と同じく評価額が記載された書面ですが、

評価証明と違う所は、

年税額が予め記載されていることです。

つまり計算をしなくても良いのです。

計算ミスをしなくていいのでもっぱらこちらを取得するようにしています。


この評価証明・公課証明は、

公的な書類なので、

その不動産の所有者しか取ることが出来ません。

しかし委任状があれば第三者でも取得可能です。


売却を依頼する時に交わす媒介契約書には、

委任状を兼ねていることが多いので、

売却を依頼した不動産業者は自然と受任者となります。


評価額と言ってもあくまで税法上の評価であって、

一般の市場価格とは乖離していることが普通です。

目にする機会などほとんどないと思いますが、

自分の所有不動産が税務上いくらくらいに評価されているのか、

一度見てみるのも面白いかと思います。

このコラムに類似したコラム

領収証が無いだけで多額の税金が。。。 信戸 昌宏 - 建築家(2013/07/19 12:00)

任意売却と税金の差押 任意売却専門家 瀧澤 - 不動産コンサルタント(2012/07/18 14:34)

固定資産税 岡村智恵美 - 不動産コンサルタント(2012/07/16 07:04)

不動産登記の申請手続きについて 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/29 09:00)

固定資産税 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2011/10/22 15:52)