固定資産税 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

固定資産税

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

不動産の所有者は、

毎年固定資産税を支払っています。


毎年6月位に届く納税通知書を元に、

年間の税金を一括して支払ってもいいし、

4回に分割して支払うことも可能です。


納税通知書は1月1日現在の所有者の元に届きます。

ですから、1月から5月末の間に手放し、

既に所有者でなくなったとしても、

6月には通知書が届きます。


年の途中で不動産を手放したら、

引き渡し日(所有権移転日)から新所有者の負担となります。

新所有者が負担すべき納税額を売買代金と併せて受領する、

と言う形で決済時に精算します。


納税は国民三大義務の一つなので、

免れることは出来ません。

万が一滞納が続くとどうなるかというと、

国が物件を差し押さえます。


「所有権」


という言葉尻で、

一見不動産を「所有」しているようですが、

納税しなければ国に取り上げられちゃうのだから、

実際は所有している訳ではなく、


「国から借りているだけ」


と言えるかもしれません。

なんだか釈然としませんね。

このコラムに類似したコラム

評価証明(公課証明)とは? 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2011/10/17 10:20)

契約と決済 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2011/08/26 16:28)

住宅購入のポイント⑫~手付金の授受と性格 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/03/14 13:57)

不動産業者も見落とす、物件購入の落とし穴‐【24:角地緩和が使えない角地】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/12/23 18:22)