全てにおいて湿気は大敵と覚えましょう - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

全てにおいて湿気は大敵と覚えましょう

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵 3.耐久性について

3.全てにおいて湿気は大敵と覚えておきましょう


構造に関わらず、湿気は家にとって大敵です。木造の場合は構造材を腐らせ、鉄骨造の場合は鉄骨を錆させます。鉄筋コンクリート造の場合は、湿度が高い室内環境になり、ダニやカビの発生を引き寄せます。いずれにしても、湿気は建物にとっていいものをもたらしません。耐久性という意味でも湿気が発生しないように建物を作ることは外せないでしょう。

では、どうすればいいのでしょうか?ここでは、木造住宅の場合をお伝えしましょう。
木造では、壁内が湿気ないようにすることがポイントです。そのためには設計士など専門家が、壁の中が湿気ないようにする仕組みを理解することはもちろんのこと、「壁の中が湿気ない工夫はしていますか?」と建て主も確認すると良いでしょう。また、内装に使う材料に関しても気を使いたいです。

例えば無垢のフローリングや漆喰、土壁などは、湿度の調整をする働きがあります。断熱材にも気を使いたいところですが、これはまた別項目でお話ししましょう。換気計画も重要です。特に水回りなどの換気がしっかりとれているかは押さえておきましょう。それ以外にも大切なのがサッシです。サッシに関しては次項目でお伝えしましょう。



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵」のコラム

このコラムに類似したコラム

夏と冬の断熱の違い 福味 健治 - 建築家(2012/10/30 08:43)

家の湿気・結露対策 福味 健治 - 建築家(2011/12/13 08:34)

入居後の1年点検に行ってきました 栗原 守 - 建築家(2016/07/31 16:17)

高性能グラスウール 松永 隆文 - 建築家(2016/04/04 15:53)