どうすれば将来の耐久性に柔軟に対応出来るのだろうか? - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

どうすれば将来の耐久性に柔軟に対応出来るのだろうか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵 3.耐久性について

2.将来のライフスタイルに柔軟に対応出来るか?

 木造の住宅の寿命の一つの要因として「設備の進化や大きさ、容量に対応が出来なかった」というものがあります。これは、思っている以上に影響がありました。例えば、1970年代に建てた家では、2000年時点で、お風呂の大きさや冷蔵庫の大きさ、さらに家電製品の量や電気容量の違いなどが大きく、その当時の家では対応が難しいということもありました。

 また、お風呂をはじめとした衛生設備機器の耐久性は大体20年ぐらいのため、それらの設備をやり替えるタイミングで、大幅な大改修が必要になり、建替えるケースも多く見受けられました。車に例えるのなら中古で買った車にその値段以上の修理代をかけるような感覚です。

 そこで、大切になるのが「将来のライフスタイルに柔軟に対応出来るかどうか?」というポイントです。例えば、設備機器を入れ替えが容易かどうか?メンテナンスを重ねることで寿命を延ばす形が取れるか?改修するときに容易にしやすいか?間取りを容易に変更しやすいか?などが具体的に考えることが出来ます。

 木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など構造的な特徴がそれぞれにありますが、どの構造でも上記の視点をはじめから組み込んで設計しておけば、対応も可能です。住宅の場合は、1階の床下空間や2階などに設備機器がある場合は、それらを落とすパイプスペースなどが将来メンテナンスしやすいようにすることも重要です。

 鉄筋コンクリート造の場合は、1階の床下がなく土間空間にして設計するケースも多いですが、個人的には土間空間の下に配管を埋めてしまうのではなく、床を組んでその下のスペースに配管を転がすことをお薦めしたいと思います。
私のオフィスでも将来のメンテナンスが容易に出来るための工夫や将来のライフスタイルを想定して、構造の壁とそうでない壁を使い分けたりという工夫をしています。これからの家造りでは外せない要素と言えるでしょう。

そしてこれからの時代は、供給エネルギーに依存しない「スマートハウス」がどんどんと増えてくるでしょう。太陽ソーラーや蓄電池を組み込んだ家というのは、またこれまでの家から大きくシフトした空間が必要になる可能性もあります。そういったところまで含めた空間計画も大切になるでしょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵」のコラム

このコラムに類似したコラム

それぞれの構造の耐久性を把握しよう 八納 啓造 - 建築家(2011/08/10 09:00)

木造住宅は耐震性が低いのか? 八納 啓造 - 建築家(2011/08/06 12:00)

地盤と基礎工事のこと つづき 岩間 隆司 - 建築家(2016/06/18 09:30)

木造耐火建築物 三竹 忍 - 建築家(2016/04/22 08:52)

狭小地での集合住宅計画・木造重層長屋(続) 岩間 隆司 - 建築家(2015/12/30 13:53)