ついに、“7兆8000億円”! - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ついに、“7兆8000億円”!

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ
こんばんは!
 
いやー早いもので、もう7月も終わりですね。
台風は大変でしたが、その影響で、「猛暑」も少し和らいでいる気もします。
 
一方、原発問題は、どこまで汚染が進んでいるのか、いまだ安心できません。
とにかく、1日も早い終息を願うばかりですね。
 
さて、米国における「連邦債務の上限引き上げ交渉」が難航し、世界に緊張感が走っていますが、日本の財政問題も“ボディブロー”のように、着実に国政への影響が出てきています。
 
2010年度の国の利払い費が、8年ぶりの高水準となりました。
利払い費とは、国の借金に対する利息などの費用のことです。
 
2010年度は、ついに“約7兆8000億円”にまで達しました。
 
しかも、国庫金利(国の払う金利)は「1.29%」と1975年以降、最低水準にも関わらず、前年比1600億円も増加したのです。
 
通常、金利が低下すれば、利払いは減るはずですが、それが増加している要因は、何といっても、毎年着実に積み上がっていく「国債残高」です。
 
この10年で、何と1.7倍にまで膨れ上がりました。
 
一般会計に占める利払い費の割合は、8%。
そして、税収に占める割合は、19%となっています。
 
このまま、赤字国債を発行し続ければ、せっかく国民が支払った税金も、金利の支払いに消えていき、足りない分をさらに国債を積み上げるという「負のスパイラル」が加速していくことになります。
 
そして、何と言っても一番怖いのは、「金利の上昇局面」です。
金利が、2-3%に引き上がっただけでも、利払い費は倍近くになってしまうからです。
 
まさに、日本は「時限爆弾」を抱えているといっても良いでしょう。
 
低金利で推移している“今”のうちに手を打たなければ、日本の財政破たんも、現実味を帯びてくることになります。
 
そして、国民は、どのような形にせよ、必ず「痛み」が伴うため、しっかりと準備しておく必要があるのです。
 
そんなに多くの時間は残されていませんが、とにかくできる範囲で、対策を講じることが大変重要だと思います。
 
 
さて、本日発行のメルマガでは、新たなボーナスが付加された「海外ファンド積立型投資」をご紹介しています。
これからの日本を襲うであろう荒波に備えるためにも、是非ご参考としていただければ幸いです。
 
それでは、良き週末を!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「公的年金」も残高減少! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/04/13 15:30)

気温と株価の関係は!? 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2010/08/28 11:59)

「プレス発表!“プライベートバンク―PMS”」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/06/21 15:27)

「資産2995兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/02/08 14:58)

「日本国債、中国に買われる!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/06/15 17:17)