「日本国債、中国に買われる!」 - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「日本国債、中国に買われる!」

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、日銀の国際収支統計によると、中国の日本国債の保有残高が、2011年末で、約18兆円まで膨らんでいるとのことです。

 

これは前年に比べて、71%の増加、2年間で5.2倍と、過去最高の残高になっています。

 

世界一の外貨準備高を誇る中国ですが、このところドルに偏った運用を見直しており、その一環として、現時点でユーロ資産を増やすわけにもいかないことから、円資産へシフトしているとみられています。

 

中国は、すでに2010年には、米国やイギリスを抜いて、日本国債の最大保有国になっています。

 

6月から「元」と「円」の直接取引も開始され、今後さらに、「円」への投資も増えてくることが予想されます。

 

外国に国債を買ってもらうこと自体は、ある意味喜ばしいことではあります。

ただ、当然のことながら、中国の影響力が増すと共に、この財政赤字の中、金利が低く抑えられている要因でもある、国債の国内消化率(保有残高)が、徐々に低下していったとき、一体何が起こるかです。

 

どんなに赤字国債を発行し、財政が悪化したとしても、国内で消化できる資金力さえあれば、国債が大暴落するような事態には至りません。

 

しかしながら、外国が保有する国債は話が違ってきます。

 

財政悪化が深刻になれば、リスク回避のため、当然、日本国債の“売り”が増加します。残高が多ければ多いほど、そのリスクも高くなります。

 

そして、信用力が低下してきた日本国債を買ってもらうには、金利を引き上げなければなりません。

 

これは、ギリシャやスペインの例を見ても明らかです。

 

日本の場合、金利が1%上昇しただけで、金融機関が約6兆円の含み損を抱えると言われています。

 

従って、現時点において、外国の国債保有残高が拡大していくということは、その危険性も高まるという認識だけは持っておきたいものです。

 

財政が健全化した上で、外国がこぞって日本国債を“買いたい”と思うような、魅力的な国にしたいですね。

 

さて、本日、メルマガの発行日です!

イベント企画のご紹介があるので、是非、ご覧ください。

http://www.mag2.com/m/0000121186.html

 

では、今週末も穏やかな日となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「今度は、日本の大株主に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/06/23 12:56)

政変の年2012年問題に備えよ 伊藤 誠 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/12 18:00)

今後のマーケット動向と対策の考え方!-その2 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/03/19 20:52)

国債にもリスクがある。 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2010/12/17 11:08)

中国、日本を買う!? 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2010/07/09 17:14)