猛暑は甘くない?運動をする場合は細心の注意が必要です! - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
田中 宏明
田中 宏明
(ピラティスインストラクター)
Kali tomomi
(ヨガインストラクター)

閲覧数順 2017年08月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

猛暑は甘くない?運動をする場合は細心の注意が必要です!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
チェアロビクス

熱中症対策をうたった報道が目立つようになりました。

みなさまは、暑さ対策は万全ですか?

これから2週間、猛暑が続く模様です。

皆さま、充分お気をつけください。

 

一般的に猛暑のときには、

屋外でのスポーツは行わないほうがいいといわれています。

朝や夕方の暑さがおさまったときに運動を行いましょう。

 

運動をすると、たくさんの熱が生まれます。

その熱は汗をかくことで放散されますが、

水分が足りなければ汗がかけません。

結果的に熱が身体にこもってしまいます。

身体に熱がこもってくると顔色が悪くなってきますが、

自分では顔色の悪さに気がつかないようです。

指導者や周囲の方が注意力が求められます。

また、呼吸が速くなったり、吐き気がしたら要注意、

首、手首、足首、股関節、口の中を冷やしましょう。

 

筋肉にけいれんがおきた場合は、

汗をかいたことで塩分が不足している可能性があります。

水分+塩分を補給しましょう。

 

頭痛やめまいを感じたり、

意識が朦朧としてきたらかなり危険です。

体力の少ない方、暑さになれていない方、

風邪などで体調を崩されている方は特にご注意ください。

木陰で仰向けになり、しっかり身体を冷やしましょう。

嘔吐などで水分を補給できない場合は、

点滴などの処置が必要な場合もあります。

場合によっては救急車をよびましょう。 

 

運動中に失われた水分はそのぶん補充しなければいけません。

水分量の目安は体重で推測することができます。

運動前後で体重が3%以上減らないように、

運動前、運動中、運動後、しっかり水分補給してください。

 

梅雨明け後直後は、

身体が暑さになれていません。

どうか、みなさま、ここ数日間、

慎重に無理なくお過ごしください。

 

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

http://www.chairobics.co.jp

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

暑い季節~適応できる身体の仕組み~ 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2013/07/12 11:05)

歯周病・虫歯が身体に与える影響~骨粗しょう症の方は要注意~ 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2017/07/11 06:40)

運動習慣のある人は運動方法を検証する〜運動でコレステロールをさげる〜 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2016/12/22 20:45)

運動しない人は身体活動量を増やそう〜運動しないでコレステロールを下げる〜 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2016/12/22 20:22)

コレステロール・中性脂肪を下げる運動『メタボバスター』 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2016/08/20 15:39)