相続人によって、相続税が増える!?~相続税の2割加算の話~ - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定 税理士
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続人によって、相続税が増える!?~相続税の2割加算の話~

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般
相続税・贈与税の基礎知識

前回、前々回で、相続人になれる人・なれない人、胎児の相続権、相続人不在の場合等についてお話してきました。

被相続人が亡くなった際に「遺言書」があれば誰にでも「相続」や「遺贈」することは可能ですが、実際には、家族以外の遠い親戚や血の繋がりのない人が財産を取得するケースは、あまりありません。

ただ、その「相続人」や「受遺者」が、被相続人の配偶者(夫か妻)か一親等(父母や子ども)でなかった場合には、相続税が2割加算されることになっています。

この場合の子どもとは、実子でも養子でも構いません。配偶者か一親等であれば、原則2割加算の対象とはなりません。

 

しかし、それにも例外があります。

「子」の存命中に、その子どもである「孫」を養子にし、その孫が財産を相続により取得すれば、その「孫養子」も2割加算の対象となります。

これは、相続税課税の「一代飛ばし」を防ぐための措置です。

相続開始前にすでに「子」が亡くなっており、その子ども(孫)に財産を相続した場合は、例外的に2割加算の対象とはなりません

 

では、「養子」の子どもを、さらに「養子」(孫養子)にする場合の扱いはどうでしょう?

ここでポイントとなるのは、その「孫」の出生した日が、被相続人と「子」の養子縁組がなされるかです。

被相続人と「子」が養子縁組した後に生れた「孫」を、「子」が存命のまま「孫養子」にした上で、その「孫」が財産を相続により取得した場合には、その「孫養子」は2割加算の対象となりますが、被相続人と「子」の養子縁組前に生れていた「孫」に関しては、「孫養子」としても2割加算の対象とはなりません。

 

現実にはあまり多くないケースですが、「孫養子は2割加算」という原則的な扱いにとらわれてしまうと、ついつい間違えやすいので注意しましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定 税理士

不動産鑑定士と協働。不動産に強い相続専門の税理士です。

フジ相続税理士法人は、名前の通り「相続」に特化した専門事務所です。税理士だけでなく、不動産鑑定士・司法書士による相続・不動産問題の独立系コンサルティンググループですので、相続・不動産全般のお悩みに対応しています。どうぞお気軽にご相談下さい。

カテゴリ 「相続税・贈与税の基礎知識」のコラム

登記について・最終回(2012/10/01 16:10)

贈与登記について(2012/09/25 12:09)

遺産分割はいつまでに?(2012/05/23 13:05)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

ペットのお墓と相続財産 菅原 茂夫 - 税理士(2012/08/27 17:12)

相続税改正の影響 小規模宅地等の特例 大黒たかのり - 税理士(2012/03/28 10:09)

結婚にまつわる節税その4~「小規模宅地等の減額」(4) 高原 誠 - 税理士(2011/09/16 16:45)

小規模宅地等の特例の改正 その1 大黒たかのり - 税理士(2010/10/13 18:29)