相続税改正の影響 小規模宅地等の特例 - 相続税 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税改正の影響 小規模宅地等の特例

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続税
税金

小規模宅地等の特例の改正はすでに平成22年に行われています。

 

具体的には、

 

事業継続 400㎡ 80%減 → 継続

事業非継続 200㎡ 50% 減 → 廃止

不動産貸付 200㎡ 50% 減 → 不動産貸付のみ

居住用継続 240㎡ 80%減 → 継続

居住用非継続 200㎡ 50%減 → 廃止

 

平成22年の改正で同居していない相続人(別居親族)に影響が出ています。

 

自宅を配偶者が相続するか、別居親族が相続するかの意思決定が求められます。

配偶者が相続すれば 80%減、別居親族が相続すれば 0% 減。

 

一方配偶者が相続すれば配偶者の相続時(2 次相続)に相続税がかかります。

子供が相続すれば 2 次を待たずにそこで完結します。

 

平成22年は小規模宅地の評価減の制限という課税範囲の拡大でした。

今回は基礎控除という相続税計算上の課税強化です。

2 つ合わさると厳しくなる方が増えます。

 

特に厳しいのは2 次相続で同居者がいない子供の相続です。

2 次相続で同居の子が相続する場合には代償金などの問題も出てきます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

結婚にまつわる節税その4~「小規模宅地等の減額」(4) 高原 誠 - 税理士(2011/09/16 16:45)

無道路地評価・その2~不動産鑑定士はこう評価する~ 藤宮 浩 - 不動産コンサルタント(2011/06/03 11:48)

不動産管理会社の3類型 大黒たかのり - 税理士(2011/04/07 10:46)