これからの管理職に求められるもの(その3) - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

これからの管理職に求められるもの(その3)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋

これからの管理職に求められるもの(その2)とは
◆「普段の目線を捨てる」すなわち「相手の景色でものごとを見て/考えて/動いてみる」でした。

ではこれからの管理職に求められるもの(その3)は何か?
それは、
◆「抽象語やビックワードをそのまま使わない」です。

**************************************************
学生を対象とした新卒向けの採用面接が行われた。

通り一遍のやり取りが済んだあとで、面接官が言った。

「さっきの志望動機ですが、ちょっと抽象的に聞こえました。もう少し具体的に説明してくれませんか?」
 …学生は緊張しながら懸命に志望動機を説明した。
「次に、あなたの長期的な将来像をお聞きします。どんな職業人生を思い描いていますか?」
 …緊張がほぐれたのか、学生はちょっとリラックスした様子で自分が思う将来像を話した。
「では話題を変えて。少子高齢化の問題をどう捉えていますか?」
 …学生は再び緊張し、カバンにしまってあった自作の想定問題集を必死に思い出しながら答えた。

面接官は「うーん、答弁書を読んでいるみたいに聞こえる」と感じ、「話しが抽象的、自分の言葉で語る能力は高いとはいえない」とメモした。

そして言った。
「そろそろ面接を終了しますが、何か質問はありますか?」

学生はこう質問した。
『御社の「会社だけでなく社会に貢献できる人材を、そして自分で考え/自分の言葉で意見を言う人材を求めています。厳しい言い方をすれば、そうでない人はいてもらっては困るのです」という考えは素晴らしいと思っており、私自身もそのような人材になれるよう御社で自分を磨いていきたいと考えています』
『ただ社会人経験がないため、イメージがわきません。特に「会社と社会の両方に貢献する人材」という部分が分からないのですが、例えばどういう人のことをおっしゃっているのでしょうか?』

面接官は一瞬であるが、黙ってしまった。
今度は面接官が緊張し、必死に答える番だった。

面接官の答えは新聞や雑誌でよく見るフレーズそのものであり、「具体的」とも「自分の言葉で語っている」とも言えない代物だった。

(出典)
http://profile.ne.jp/pf/pensee-tsutomu-nakazawa/c/c-44755/
**************************************************

これからの管理職に求められるものの3つ目は、
◆「抽象語やビックワードをそのまま使わない」です。

ちょっとチェックしてみましょう。
学生が質問するくだりの会話を・・・面接官を「あなた」に、学生を「あなたの部下」に・・・置き換えて・・・読み直してみて下さい。

 ★経営理念
 ★会社の方針
 ★社長メッセージ
 ★自社の戦略
 ★部の方針  ・・・etc
いろいろありますが・・・・。

普段のあなた、
まさか『新聞や雑誌でよく見るフレーズそのものであり、「具体的」とも「自分の言葉で語っている」とも言えない代物だった』と類似のことやっていませんよね?

(中沢努「<深く考える>序開き」から抜粋)

★研修、講演、コンサルティング・・・承ります★
 ・メディア掲載、評価口コミ、著書、他 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 
 ・実績と会社概要 http://www.pensee.co.jp/aboutus/index.html
 ・筆者による資料(総目次)http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

最新情報http://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany

≪お問い合わせ先≫
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー(
http://www.pensee.co.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋」のコラム

このコラムに類似したコラム

[管理職の心得] 叱りの心理学・・私情の叱りと愛情の叱り 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/02/23 18:00)

部下には経験や学習をした結果のその先を見つめさせよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/08/01 05:53)

これからの管理職に求められるもの(その5) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/06/06 18:00)

これからの管理職に求められるもの(その4) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/06/03 18:00)

せいさつ(038)子どもですら言わないへ理屈を言う大人たち 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2010/07/20 09:00)