建設業の許可について その1 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

池山 敦
行政書士池山敦事務所 行政書士・コンサルタント・講師
三重県
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

建設業の許可について その1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

「新規で建設業の許可がとりたいんだけど。。。うちは要件を満たすのかな?」

まず、最初にお客様が尋ねられるご質問です。

建設業はご存知の通り、土地に定着する構造物を作る仕事であり、長い年月残るものであり、さらに高価なものであるので、建設業法で要件を定めて、都道府県知事または国土交通大臣が許可をする、という制度になっています。

でもちょっとお待ちください。

お客様がいつも聞かれる質問は、「取れるだろうか?」なんですが、よく考えてみると、まずわれわれが専門家として考えなければいけないのは、「本当にこのお客様は許可が必要なのだろうか?」ということなんですね。

絶対的に必要なお客様の例を挙げてみます。

1)公共工事を受注したい業者様。

2)工事金額が大きい工事を受注される業者様。

ここで、2)の工事金額のことですが、大きいって基準は?ということなんです。

基本的には「500万円」と覚えてください。業種は28種類ありますが、通常の業種の場合には500万円以下の工事は軽微な工事として、許可不要にて受注できるのです。

例えば、塗装業で500万円以下の工事しか受注しない場合には、建設業許可は法上とる必要はない、ということです。しかし、諸事情により必要となるケースはあると思います。下請けメインの業者様の場合、元請さんから「とっておいてください」って言われることもあります。言い忘れましたが、500万円は消費税込みの金額です。

さて、上で「通常の業種の場合」と書きましたが、その例外が建築一式工事です。建築一式工事の場合には、工事1件の請負代金が 1,500 万円(消費税及び地方消費税を含む)に満たない場合または、請負代金の額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150平方メートルに満たない工事については、許可が不要とされています。

1500万円、または150平米に満たない。なんとなく覚えやすい数字ですね。150平米といえば、3.3で割ると、50坪足らずですから、結構大きいですね。

まず、お客様からの相談をうけると、「なぜ許可が必要なんでしょうか?」そこから池山は始めることにしています。

このコラムに類似したコラム

起業を進めるビジネス手法を考えることも 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/17 20:35)

起業準備をしていても、直ぐに中断して前に進まない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/26 20:52)

離職率の高い業界で起業すると採用では不利? 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/29 20:37)

起業したら絶対諦めないのが成功への道? 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/21 20:22)

起業準備の第一歩を踏み出すなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/10 20:32)