住宅購入で親の援助は平均664万円 - 住宅費用・資金計画 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅購入で親の援助は平均664万円

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅費用・資金計画

疑いたくなるような記事を目にしました

アットホームが発表した「新居選びの実態」によりますと、
結婚を機に1都3県で新居を購入した20~40歳代の男性のうち、
4割以上の人が親からの援助を受けていたそうです。

しかも驚くべきは、
援助金の平均額は664万円だったのです


いや~~~これには驚きました。

この調査は、今年10月に行われたもので、
3年以内に結婚した夫婦のみの世帯と、夫婦と子供世帯の
合計234世帯に対し実施された調査になります。
(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県での調査)

夫婦のみの世帯で親の援助があったのは全体の46.4%
夫の年齢が20歳代の世帯では、援助は58.3%にもなります。

援助額別では、
500万~1,000万円29.9%と最多
1,000万円以上24.7%にも達します。
300万~400万円14.4%
200万~300万円13.4%

500万円以上の高額贈与が多かったのは、
相続時精算課税制度や、住宅資金贈与の非課税措置の拡大
効果が大きい事は間違いないでしょう。

また、若い世代の購入が多くなり年収が低いことと、
親の近くに住む条件が付くなど、援助のしやすさだけではなく
親にとってもメリットが生まれる形での援助が多くなったことも
影響していると考えられています。

なるほど。。。
来年以降、若い世代へお金が回りやすくするために
政府税調では、相続時精算課税制度の拡大を検討しています。
今後の消費促進のためにも、このような取り組みはとても重要ですね。

それにしても、うらやましい限りですね


《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

住宅資金(10)共働きの住宅ローン(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/27 14:12)

住宅資金(2)物件選びの前に、必ずこれを!保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/18 12:14)

住宅資金(1)住宅購入の留意点(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/15 23:53)

晩婚カップルの住宅購入術 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/06/19 01:28)

【住宅ローン控除 年末調整の書類を紛失してしまったら・・・】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/27 17:03)